からだ

姿勢を正し転倒防止にも、足裏を強化したい人のための3つの記事。

転びやすい、姿勢が崩れる、ぽっこりお腹の原因になるなど、足裏の乱れは全身に及びます。年齢とともに崩れやすい足の骨格を強化して、一生歩ける体を作りましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 理学療法士に聞く、足の骨格が崩れる原因とセルフチェック。

まずはセルフチェックから。自分の足の骨格は正しい位置にあるか? いくつかの項目を確認してみましょう。理学療法士の宮澤俊介さんに教わります。

⇒詳細はこちらから。

2. ながら運動と簡単エクササイズで足裏のアーチを取り戻す。

足裏のアーチが失われ、扁平足気味になると、正しい姿勢や軽やかな歩きも失われてしまいます。空き缶で簡単にできる足裏エクササイズや歩きやすい靴選びについて教えてもらいました。

⇒詳細はこちらから。

3. 転倒防止の鍵、足裏を強化する3つの運動。

足の裏にあるセンサー「感覚点」の感度は、年齢を経るごとに劣化していきます。これを改善し、転びにくい体にするエクササイズを理学療法士の加藤木丈英さんに教わりました。骨粗しょう症世代は転倒が骨折の原因になりやすいのでぜひ鍛えていきましょう。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間