からだ
くらし

さまざまな旨みがキャベツに凝縮。鮭とキャベツの昆布茶バター蒸しのレシピ。

フライパンひとつでできるお惣菜レシピをエダジュンさんに教わります。生活習慣病の予防にも良い発芽玄米に合わせるのがおすすめ。
  • 撮影・岩本慶三 スタイリング・渡邊美穂 文・室田元美

鮭とキャベツの昆布茶バター蒸し

【材料(2人分)】
鮭 2切れ
キャベツ 葉3枚(300g)
酒 大さじ2
昆布茶 大さじ1
バター(無塩) 20g
糸とうがらし 適量

【作り方】
1.キャベツは一口大に切る。
2.フライパンに1、鮭を並べて酒をふりかけ、昆布茶とバターをのせ、中火にしてフタをする。沸騰したら弱火で鮭に火が通るまで7〜8分温める。食べる直前に糸とうがらしをのせる。

【エダジュンPoint!】
バターでキャベツの甘みを引き立たせ、昆布茶を使って旨みをプラス。鮭に塩気があるので、それ以上の味を足さずとも十分。

発芽玄米をちょい足しでおいしく炊くコツ

1.炊飯器に発芽玄米、オリーブオイル、塩を入れて全体をよく混ぜる。「発芽玄米は洗わずにそのまま炊けるから、ラクです。オリーブオイルと塩を足すことで、ツヤと旨みがより引き出されます」
2.1に水を注ぎ入れて、軽く混ぜる。水加減は白米よりやや多め(1合につき1/4カップ追加)。30分ほど、そのまま置いて浸水させる。
3.炊飯器の設定を白米モードにしてスイッチを入れ、炊きあがったら5分ほど蒸らし、しゃもじで表面を切るように混ぜる。

【材料(2合分)】
発芽玄米   2合
水   500ml
オリーブオイル   小さじ1
塩   少々

エダジュン

エダジュン さん

料理研究家・管理栄養士

パクチー料理などでもおなじみ。『Dr.クロワッサン 重だるいがすっきり! 万能鶏むねスープ』(マガジンハウス)ほか著書も多数。
プロフィールは雑誌掲載時の情報です。

『Dr.クロワッサン 発芽玄米で不調を治す!』(2019年10月31日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。