からだ

なんだか胃の調子が悪い時に読みたい3つの記事。

ついつい冷たいものや辛いものを食べてしまう夏は、胃も疲れがち。全身の疲れにも影響する胃を元気にする方法とは?
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 胃の不調を改善すれば、夏の疲れは軽減できる。

屋外の猛暑と室内の冷房という激しい気温差による自律神経の乱れが胃の不調に関係があると話すのは、兵庫医科大学名誉教授の三輪洋人さん。食事、姿勢、ツボ押しで、胃の元気を取り戻しましょう。

 ⇒詳細はこちらから

2. 心身の不調を招く血流の滞り、実は見直すべきは胃腸の働きでした。

病名のつかない不定愁訴や婦人科系の不調の原因のほとんどは血流にある、と漢方薬剤師の堀江昭佳さん。〝血〟を作る大本の胃腸が弱っていては体調も良くなりません。まずは胃を休ませるのが一番ですが、その方法とは?

⇒詳細はこちらから。

3. “ゆるゆる漢方家”による、こもった熱を発散させる夏の養生。

最後は夏バテや食欲不振への漢方からのアプローチ。朝食にサラダやヨーグルト、スムージーなどを食べている人は、一度見直してみてもいいかもしれません。ゆるゆる漢方家の櫻井大典さんに、胃の不調対策も含む夏の養生を教わります。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。