からだ
くらし

寒鯖バーガー【石丸健太郎さんの干物レシピ】

余分な水分が抜け、魚臭さが少ないのが干物のいいところ。いろいろな料理に変化させることで、ワンランク上のおいしさに出合えます。
  • 撮影・三東サイ 文・斎藤理子

寒鯖バーガー

寒鯖
干物は中火の遠火で焼くのが基本。焦げる部分にはホイルをかぶせて調整。

脂がのっているので冷めてもおいしい寒鯖をバーガーに。寒鯖と醤油を混ぜたマヨネーズ、シャキシャキ玉ねぎがベストマッチ。

【材料(3人分)】
寒鯖の干物(半身)1枚
ハンバーガー用バンズ 3個
玉ねぎ 1/4個
マヨネーズ 大さじ2
醤油 小さじ1

【作り方】
1.玉ねぎは5mm幅にスライスして、辛味が抜けるまで水にさらしておく。
2.寒鯖はひれを取り除き、バンズの大きさに合わせ3等分に切る。
3.寒鯖を身側から中火で約5分焼き、ひっくり返したら皮側を約2分焼く。皮に軽く焦げ目がついたら焼き上がり。
4.マヨネーズと醤油をよく混ぜ合わせる。
5.バンズを横半分に切り、軽く焼き目がつくまでトーストする。
6.5の断面に4をまんべんなく塗る。
7.キッチンペーパーでよく水気を切った玉ねぎ、寒鯖を5の1枚におき、もう1枚を重ねる。

様々なレシピで干物の魅力を発信。

刺身にできる鮮魚を、熟練の技で極上干物にする石丸健太郎さん。「生魚にはない旨みが詰まっている干物は、日持ちがするし手軽に食べられ、ゴミも少なく時短にもなる最高の食材です」。いろいろな干物メニューを発信している石丸さんのおすすめがこちら。

石丸健太郎

石丸健太郎 さん (いしまる・けんたろう)

「湯島丸赤」取締役

昭和21年創業の干物専門店『湯島丸赤』で干物作り一筋。豊洲で自ら厳選。仕入れる魚を、絶妙の塩加減の干物に仕立てる。デパ地下などにも出店。魚のお弁当も人気。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。