からだ

全体の髪を整え、まとまりやすいボブヘアにセルフカット。

美容師の砂原由弥さんが、お悩み別のセルフカット術を読者にレクチャー。コツを知れば意外と簡単でした。
  • 撮影・天日恵美子 ヘア&メイク・砂原由弥 イラストレーション・平松昭子 文・菅野綾子

吉村美佳さんがセルフカットに挑戦

Before

 ↓

After

くせ毛で、まとまりにくい髪質。でもボリューム感と華やかさは残したいと吉村さん。「くせを生かしつつ、衿足を短くして毛先を整えることで清潔感を。全体は中間からすけば、程よいボリュームキープが可能」(砂原さん)

(1)自然な毛流れに沿って髪全体をコームでとかしたら、切る長さを決め、仕上がりをイメージする。

(2)衿足をカットしていく。自然なばらつきが出るよう、まずは髪を少量つまんでねじる。

(3)ねじった毛束の毛先から1.5cmくらいのあたりをすきばさみで切る。ねじることでパツンとした切り口にならない。

(4)衿足が短くなり、すっきりとした印象に。

(5)全体のボリュームを抑える。顔周りの毛束をつまんだ時にはねて飛び出している毛先をカットばさみで切っていく。

(6)前髪をカットする。はじめに前髪だけを切りやすいようにブロッキングしたら、コームでとかして下ろす。

(7)カットばさみを斜めに入れて毛先を切る。センター、左右の順に3ブロックに分けるとやりやすい。

(8)次に前髪を垂直に持ち上げ、カットばさみで毛先を少しずつ切る。こうすることで簡単にレイヤーが入る。

(9)レイヤーを入れたことで表面に段差ができ、前髪のボリュームがアップ。

(10)仕上げに、厚みが気になる部分の毛先から2cmくらいを切る。すきばさみを縦に構え、斜めにはさみを入れていく。

(11)サイドは水平に引き出し、中間ぐらいからすきばさみを入れる。ボリュームを抑えたい人は根元から入れる。

セルフカットの前に用意するもの

□ カットばさみ
髪の長さを整える。

□ すきばさみ
毛先をすいて自然に仕上げる。

□ コーム
ブラシより長さが揃えやすく失敗しにくい。

□ ヘアクリップ
ブロッキング(髪を分けて留める)用。大きめが使いやすい。

□ ケープ
バスタオルや布で充分だが、百均などで売っている使い捨てタイプもおすすめ。

□ 鏡
できるだけ大きいものが全体のシルエットを確認しやすい。あれば手鏡も。

おすすめツール

カットハサミ、スキハサミ、コームがセットに。はさみの刃の長さは各4.5cm。セルフ用散髪セット2,750円(貝印 TEL.0120・016・410)

左・髪用すきはさみ15.5cm 1,290円、右・髪用カットはさみ15.5cm 1,090円(共に無印良品 銀座 TEL.03・3538・1311)

大きめサイズの長さ約12cm。色はほかにホワイトもあり。ヘアクリップ・L グレー各190円(無印良品 銀座)

砂原由弥

砂原由弥 さん (すなはら・よしみ)

美容師、ヘア&メイクアップアーティスト

美容室『UMiTOS』『海と砂原美容室』代表。有名人のヘア&メイクも多く手がける。著書に『はじめてのおうちカット』(アノニマスタジオ)。

『クロワッサン』1058号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。