からだ

重くなりがちな剛毛ロングの前髪をセルフカット。

美容師の砂原由弥さんが、お悩み別のセルフカット術を読者にレクチャー。コツを知れば意外と簡単でした。
  • 撮影・天日恵美子 ヘア&メイク・砂原由弥 イラストレーション・平松昭子 文・菅野綾子

古坂敦子さんが前髪のセルフカットに挑戦

Before

 ↓

After

毛量が多く、ごわつくのが悩みという古坂さん。「顔周りの毛は絵画の額縁と一緒。ごわついていると老けて見えてしまう」との砂原さんの助言のもと、普段は流している前髪を目の上まですっきりカットすることに。

(1)切る長さを決めて仕上がりをイメージしたら、コームで自然な毛流れに沿ってとかしていく。

(2)切らない髪を巻き込まないように、クリップでブロッキングする。

(3)前髪を3ブロックに分け、まずは真ん中の束の切りたいラインの上を挟む。切りすぎ防止のため、引っ張らないよう注意すること。

(4)カットばさみを斜めに入れ、5回くらいに小分けに切っていく。

(5)真ん中のブロックのカットが終了。

(6)真ん中のラインに合わせて、右の束も5回くらいに小分けに切っていく。左の束も同様に。

(7)毛先から2cmくらいのところにすきばさみを斜めに入れ、厚みを整える。

セルフカットの前に用意するもの

□ カットばさみ
髪の長さを整える。

□ すきばさみ
毛先をすいて自然に仕上げる。

□ コーム
ブラシより長さが揃えやすく失敗しにくい。

□ ヘアクリップ
ブロッキング(髪を分けて留める)用。大きめが使いやすい。

□ ケープ
バスタオルや布で充分だが、百均などで売っている使い捨てタイプもおすすめ。

□ 鏡
できるだけ大きいものが全体のシルエットを確認しやすい。あれば手鏡も。

おすすめツール

カットハサミ、スキハサミ、コームがセットに。はさみの刃の長さは各4.5cm。セルフ用散髪セット2,750円(貝印 TEL.0120・016・410)

左・髪用すきはさみ15.5cm 1,290円、右・髪用カットはさみ15.5cm 1,090円(共に無印良品 銀座 TEL.03・3538・1311)

大きめサイズの長さ約12cm。色はほかにホワイトもあり。ヘアクリップ・L グレー各190円(無印良品 銀座)

砂原由弥

砂原由弥 さん (すなはら・よしみ)

美容師、ヘア&メイクアップアーティスト

美容室『UMiTOS』『海と砂原美容室』代表。有名人のヘア&メイクも多く手がける。著書に『はじめてのおうちカット』(アノニマスタジオ)。

『クロワッサン』1058号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。