からだ

コツを知れば意外と簡単、セルフカットにチャレンジ!

  • 撮影・天日恵美子 ヘア&メイク・砂原由弥 イラストレーション・平松昭子 文・菅野綾子

顔周りにレイヤーを入れ、 全体の毛先を整える。

砂原さんに希望イメージを伝える平松さん。

(1)鏡を見て、切る長さと仕上がりをイメージする。今回は、長さは整える程度で、5cnほどのレイヤーを入れることに。

(2)まず前髪にあたるフロント部分をカットする。切らない部分を巻き込まないように、顔周り以外はクリップでブロッキングする。

(3)髪を前に向けてコームでとかし、右、センター、左の3ブロックに分ける。

(4)センターの束を指で挟み、切りたいラインの位置で少しずつ数回に分けて切っていく。カットばさみを縦に構え、やや斜め方向にはさみを入れていくと失敗しにくい。

(5)次に左右のブロックをカットする。切ったセンターの束を中央から分け、それぞれ左右の束と一緒に持ち、段差が出ないように、毛先をカットばさみで斜めに切っていく。

(6)これで顔周りの長さカットは終了。

(7)レイヤーを入れていく。顔周りの表面の髪を垂直に持ち上げて、毛先から5cmくらいのところを指で挟んだら、前に持ってくる。

(8)毛先にカットばさみを斜めに入れ、カットする。髪を真上に持ち上げてから切ることで表面に段差がつき、自然なレイヤーを入れられる。

(9)毛先に自然な動きが出るレイヤーカットが完成。

(10)もう一度コームで髪全体をとかす。

(11)全体の毛先を整える。毛束を少量指で挟み、飛び出た毛をカットばさみで切り落としていく。

(12)ロングの人は、後ろの毛先は前に持ってくると切りやすい。

(13)毛先を少量の束ずつ指で挟み、毛先から2cmくらいのところにすきばさみを縦に入れ、重さを調整していく。

「シンキングタイムの重要性を実感。髪を上げてレイヤーを入れる技も目から鱗でした」(平松さん)

平松昭子

平松昭子 さん  (ひらまつ・あきこ)

イラストレーター

雑誌やWEBを中心にファニーでエレガントなイラストやコミックエッセイを執筆。ファッションブログ(https://kimonosnack.blogspot.com/)も国内外で注目を集める。

砂原由弥

砂原由弥 さん (すなはら・よしみ)

美容師、ヘア&メイクアップアーティスト

美容室『UMiTOS』『海と砂原美容室』代表。有名人のヘア&メイクも多く手がける。著書に『はじめてのおうちカット』(アノニマスタジオ)。

『クロワッサン』1058号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。