からだ

休息しても疲れが取れない…と思った時に読みたい脳の疲労に関する3つの記事。

疲れを感じるのは、実は体ではなく脳。季節の変わり目で自律神経も崩れやすい今、脳を休めるための知恵を専門医に詳しく聞きました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. なぜ疲れが抜けづらいのか? 解消の鍵は脳にあります。

体や心を休めるときに真っ先に心がけるべきは、“脳の疲労”を取ること。プロテニス選手として世界のトップレベルで活躍した杉山愛さんが、東京疲労・睡眠クリニック院長に疲れの正体を聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

2. 脳は女性のほうが疲れやすい。 どうすれば?

精神科医で脳科学者の久賀谷亮さんによれば、脳は女性のほうが圧倒的に疲れやすいそう。体と違い、意識しないと常に考え事などで疲れてしまう脳を、休ませるコツを聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

3. 疲れた脳に最高の休息を、 マインドフルネス入門。

脳の疲れをとり、脳に休息をとらせる一番の方法が、呼吸を意識し、脳のアイドリングを自然に止めることができるマインドフルネス。考えない時間を作ることで頭の疲れもラクになるはず。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。