からだ
くらし

窓を閉め切っていませんか? 効果的な換気法を知って、自分や家族の健康を守ろう。

寒い冬、窓を閉め切っていませんか。空気の入れ換えは衛生を保つのに不可欠。効果的な換気法を知って、自分や家族の健康を守ろう。
  • 撮影・岩本慶三 イラストレーション・ナカイミナ 文・嶌 陽子

換気が必要な理由

[菌やウイルスを部屋の外に出したり、薄めたりする。]
[汚れた空気が部屋にたまってよどんでしまうのを防ぐ。]
[ CO2濃度を下げる。]

コロナ禍のなか、より頻繁に耳にするようになった「換気」。そもそも、なぜ換気が必要なのだろう?

「換気とは、部屋の中の空気と、外の空気を入れ換えること。これにより、部屋の空気中にある汚染物質、つまり人間に対して有害な物質を部屋の外へ出したり、薄めたりすることができるのです」(ダイキン工業コーポレートコミュニケーション室広報グループ・野呂朋未さん)

汚染物質とは二酸化炭素、一酸化炭素、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどのこと。最近の住宅の多くは、気密性が高いため、汚れた空気が外に出にくい。換気をせずにいると、これらの物質が部屋の中にたまってしまい、健康に害を及ぼす可能性もある。

「また、人が集まる場所を長時間閉め切っていると、呼吸によってCO2濃度が高まり、酸素濃度が低下すると部屋で作業をする際の集中力が下がってしまう可能性も」

リモートワークをする人も増えた昨今、覚えておきたい点だ。

冬は外の冷たい空気を部屋に入れたくないため、つい窓を開けるのを怠りがちだが、健康を守るために空気の入れ換えは必須。効果的な方法を知ったうえで、こまめな換気を心がけたい。

鍵は空気の通り道を作ること。窓やドア、換気扇などを上手に活用。

「”エアコンを運転すれば換気ができる”と誤解している人がいるのですが、一般的なエアコンで換気はできません。エアコンは、部屋の中の空気を吸い込んで、その空気を冷たくしたり暖かくしたりした後に部屋の中に戻しているだけ。部屋の中の空気と外の空気を入れ換えているわけではないのです」(野呂さん)

そのため、窓を開けるなど別の方法での換気が必要になる。窓を開けて換気する際の時間と回数の目安は1時間に5〜10分。1時間に10分より、1時間に5分を2回行うほうが、効果が高くなる。こまめな換気がおすすめだ。

「窓を開ける場合、1カ所だけでなく、2カ所の窓を開けること。さらに2つの窓が対角線上にあると、空気の通り道ができて効果的に換気できます」

お互い近くにある窓を開けても狭い範囲でしか空気が流れず、部屋全体は換気しにくいことを頭に入れておきたい。

窓が1つしかない部屋や、空気が通りにくい部屋の場合はドアを開けたり、サーキュレーターや扇風機、備え付けの換気扇などを使ったりして、空気が流れるような環境を作るといい。空気がきちんと循環しているか、よどんでいる場所はないかを意識しながら、部屋ごとの換気を考えてみよう。

 空気の通り道を作る窓の開け方 

1カ所だけではなく、2カ所の窓を開け、空気の入り口と出口を作ることが上手な換気法。その際、対角線上にある2つの窓を開けると、空気が部屋全体に循環しやすくなり、換気の効果がより高くなる。

 風が入りにくい場合の 開け方 

風や空気は、小さい隙間から勢いよく入り、大きい隙間から出て行きやすいという特徴がある。そのため、外から空気が少しでも入ってくる側の窓は小さく開け、空気の出口となる窓を大きく開けたほうがいい。

 窓がひとつしかない 場合 

部屋のドアを開け、扇風機やサーキュレーターを窓に向けて部屋の中の空気を外に出すと効果的。もし台所が近くにある場合、窓を空気の入り口に、排気量の多い台所の換気扇を出口にして部屋の空気を流すのも手だ。

正しい使い方を知り上手に活用したい24時間換気システム。

2003年7月以降に建てられた家やマンションには、24時間換気システムと部屋ごとの換気口がついている。これを使うと2時間で家全体の空気を入れ換えられる。寒いからといって換気口を閉じたり24時間換気システムのスイッチを切ったりせず、正しく使おう。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。