からだ

老けた印象になるペタンとしたつむじ、ボリュームアップするには?

正面から見てOKと思ったその髪型、実は落とし穴だらけかも。弱点を悪目立ちさせないための対策や日頃からのケア方法を、ヘア&メイクアップアーティストの大谷亮治さんに教えてもらった。
  • 撮影・青木和義 ヘア&メイク・大谷亮治 スタイリング・高島聖子 モデル・大浦サト イラストレーション・山中玲奈 文・嶌 陽子

ドライヤーとブラシでボリュームをアップさせる。

・加齢でつむじが広がる・頭頂部がペタッとする

自分ではあまり意識していないものの、加齢の影響が出やすいのがつむじ。まわりの髪の毛が立ち上がらずにペタンとしたり、地肌が露わになっていることも。それだけで一気に老けた印象になるから、要注意だ。

「その人が持っている、つむじのもともとの性質が原因の場合もありますが、加齢によって髪の毛が細く、少なくなってくると、よけいにペタンとして見えたり、地肌が透けて見えたりしてしまいます」

対処法は、つむじのまわりの髪の毛をブローすること。ブラシで毛を根元から引っ張り上げ、ドライヤーを当てていく。しばらくするとつむじの周囲の髪にボリュームが出て、ペタンとした形が解消。見えていた地肌も隠れるようになる。ぜひ朝のスタイリングに取り入れたい。

「コツは、ブローの際に髪の毛を垂直よりやや斜めに引っ張り上げること。こうすることで、自然なボリュームが出しやすくなります」

Before

まわりの髪が立ち上がっておらず、ペタンとして見えるつむじ。自分では気づかないが、地肌が目立つ状態。

Point

つむじのまわりの髪をブラシで根元からやや斜め上に向かって引っ張り上げ、ドライヤーを当てる。

After

まわりの毛が立ち上がったことで、ふんわりとしたきれいな形に。見えていた地肌も隠れた。

解決!

クルーネックニット3万1000円(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー)

ふんわりとしたつむじは、若々しい印象。髪を結ぶ習慣のある人は、つむじの薄毛を招くので要注意。

大谷亮治

ヘア&メイク

大谷亮治 さん (おおたに・りょうじ)

ヘア&メイクアップアーティスト

理容専門学校を卒業後、ヘア&メイクのアシスタントを経て独立。NYに3年間滞在し経験を積む。現在は広告、雑誌、映画、CDジャケットなどで活躍中。

『クロワッサン』1033号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。