からだ

大人の定番、マッシュもバリエ豊かに【大人髪ヘアカタログ】

常にトライするからこそ叶う、おしゃれ髪をぜひ参考に。
  • 撮影・黒川ひろみ、中村ナリコ 構成&文・薄葉亜希子

柔らかいナチュラルな雰囲気をオーダー。

小林美紀さん●こばやし・みき(47歳)

前髪の長いショートボブからマッシュヘアにしたばかり。カットの際は「パツンとなりすぎないようにお願いした」と小林さん。「それもモダンで格好いいのですが、今回はナチュラルなマッシュにしたいなと思って」と、顔になじみ、包み込むようなデザインが素敵。

朝は軽く濡らしてからジェリータイプのセット剤を。「程よいツヤでしっとり」

地肌の ブラッシングケアが日課です。

瀬戸口めぐみさん●せとぐち・めぐみ(48歳)

凛とした端正なマッシュヘア。ショート歴10年以上という瀬戸口さんだが、前髪を作ったのはここ1年ほど。「心機一転!と、バッサリ切りました」。エステティシャンという仕事柄、頭皮ケアも詳しく、「生え際、頭頂部の順にブラシで刻むように刺激します」。

カラーの遊びも映えるマッシュウルフ。

結城奈美さん●ゆうき・なみ(41歳)

前はマッシュ、後ろはウルフの組み合わせ。個性が際立つヘアは美容室『エスパー』の山崎さんの勧めから挑戦したそう。3層で濃淡の違うカラーリングが施され、「衿足は濃く、その上は明るく、表面の髪は少し暗めに。動きに合わせて見え方が変わるんです」。

乾燥しやすい髪のため丁寧にケア。「オイルとシアバターを混ぜて使います」

メガネとのバランスを考えて短め前髪です。

いとうゆうこさん●(40歳)

メガネと前髪のバランスが絶妙。刺繡家のいとうさんはショートヘアが定番だ。前髪も眉上の短いデザインをキープし、今は軽く丸みをつけたマッシュラインに。「カットは1カ月に1回ヘアサロンで整えてもらいます。この間はピンクのカラーを入れました」

ピンクの色味が抜けてオレンジっぽく変化してきた過程も楽しんでいる。

ブリーチでナチュラルな色もきれいに。

原田晴美さん●はらだ・はるみ(54歳)

昨年の夏、「人生で初めてブリーチしたんです」と原田さん。金髪を楽しみ、今はナチュラル系ブラウンをのせている。ブリーチのおかげで柔らかく見えるのがお気に入り。前髪を作ったのも最近だ。「30代からずっとショートなのでカラーや前髪で気分転換!」

硬くて多い髪質のためシャンプーはしっとり系を愛用し、オイルケアを習慣に。

ホホバオイルをつけて手ぐしで仕上げ。

かとまりさん●(42歳)

「前髪のプツプツとした束感がポイントです」と、イラストレーターのかとまりさん。女の子のイラストを数多く手がけるとあって髪の繊細な質感にもこだわりが。ケアは無印良品のホホバオイルを「通っている『リラ』の美容師さんに教わって。リピ買い中です」。

ワックスにオイルを混ぜて束感とツヤを調整。「よく伸ばして手ぐしを通して」

サイドの髪を耳にかけてすっきり。

小倉理子さん●おぐら・りこ(32歳)

ショートが好きな小倉さんだが、幼い子どもがいるためなかなか美容室に行けないという。そこで伸びてもバランスがくずれない髪型をお願いしたところ、耳にかけられるマッシュに。「所々ブリーチで明るい毛束を作り、伸びてもラフに見えて気になりません」

衿足をギリギリまで短く詰め、後頭部の丸みをきれいに生かしたマッシュヘア。

『クロワッサン』1068号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。