からだ

老化はここからやってくる!? 股関節は、動き次第で柔らかく。

  • 撮影・青木和義 イラストレーション・梶谷牧子 文・重信 綾

しなやかな股関節は、日々のエクササイズで取り戻せます。

村山 また、股関節は骨盤とセットで考えられている場所なので、骨盤のゆがみも、股関節に影響を与えるんですよ。例えば荷物を同じ側の手ばかりで持つなど、日常生活のちょっとしたことで左右差が生まれ、体のバランスが崩れてしまうこともあるので気をつけましょう。

シスターズ 私たちのように、一度、可動域が狭くなってしまった股関節は、もう戻らないのでしょうか。

村山 そんなことはありません。硬くなっている太もも周りの筋肉やお尻の筋肉をほぐすストレッチをすることで、しなやかさを取り戻すことはできます。安心してください。

シスターズ よかった! それを聞いてホッとしました。

村山 フォームローラーなどの道具を使うことで、より効率的にアプローチできますよ。

シスターズ でも、ちょっと痛そうですね……。

村山 筋肉が固まっている人は、最初はなかなかハードだと思いますが、ほぐれてくるにつれて、だんだん気持ちよくなってくるはずです。体のパフォーマンスが上がるのはもちろんですが、血行がよくなるので、冷えやむくみ改善にもぴったりです。

シスターズ いいことずくめ!

村山 また、お尻の筋肉は背中につながっているため、お尻が柔らかくなることで腰や背中も筋肉の緊張が取れるという効果も期待できます。すると、姿勢が改善して若々しく見えたり、ヒップアップにもつながります。

シスターズ 外見にもポジティブな効果があるんですね。

村山 今回紹介するエクササイズは、すべて20秒程度と手軽にできるので、できれば毎日、続けてほしいですね。ただし、体が温まっていない起き抜けだけは避けて行ってください。それ以外ならいつでもいいのですが、お風呂上がりがおすすめですね。

シスターズ スムーズに動ける体を取り戻すため、そしてアンチエイジングの実現のために頑張ります!

[はじめに]股関節周りをまんべんなく緩めるストレッチ

床に座り、右脚をまっすぐ前に伸ばし、左のひざはたたむ。右の太ももを両手で持ち、左右交互にひねる。これを1〜2分ほど繰り返したら、左脚も同様に行う。太もも全体を揺さぶることで自然と足先まで左右に揺れるようになるとよい。

うまくできない人は壁に寄りかかりながら行う。

\ 腰や背中まで柔らかくなりました! /

ストレッチをして、お尻やももの筋肉がほぐれたことで、腰や背中までが緩み、柔軟性が高まったよう。これまで石のように固くなっていた背中を、スムーズに反らせることができました。

『クロワッサン』1022号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。