からだ

【パウダー編】レイナさんに教わる透明美肌の作り方。

肌の奥から湧き上がる光と血色感、清廉さと生命力を象徴する透明美肌の作り方を、マスターしましょう。
  • 撮影・玉置順子(t.cube/人物)、黒川ひろみ(商品) スタイリング・佐野友美 ヘア&メイク・レイナ モデル・田村るいこ イラストレーション・大内郁美 文・風間裕美子

シースルーな層を一枚重ねて、透け感を演出する。

1.パウダーをパフに取ってよく揉み込み、下のイラストの位置に押さえるようにしてのせる。肌がパサパサと粉っぽくならないよう、少量のせること。
2.フェイスブラシに軽くパウダーをのせ、顔全体に広げてフィニッシュ。肌の上に一枚光のヴェールを広げるつもりで、ふんわり優しくブラシを動かして。
あくまでナチュラルながら、内側から透けるような血色のよさで生き生きとした雰囲気に。 ワンピース2万6000円(プレインピープル/プレインピープル青山)

仕上げにキメ細かいフェイスパウダーをのせれば、透明感あふれるベースメイクが完成。

「パウダーは、カラーやパールのない、トランスルーセントタイプがおすすめ。肌に薄いすりガラスをのせたようになって、下地やハイライト、クリームチークで仕込んだツヤと血色感が透けて見えます。フェイスパウダー=顔全体にのせるものと考えがちですが、ツヤを生かすためには、のせる範囲を絞ること。テカリやすい部分と、あとからポイントメイクをのせる部分だけで充分です」

眉の上から鼻筋にかけ、ポイントメイクを置くゴーグルゾーンが中心。あとは口角と口の下に。
クリニーク ステイ マット シアー プレスト パウダー インビジブル マット 〈101〉 肌にのばすと表面はサラサラ。テカリを防ぎ、透明なべールを纏ったような美しいマットスキンが一日続く。色のつかないタイプ。3,800円(クリニーク TEL.0120-950112)
rms beauty アンパウダー 〈00〉“パウダーではない”というネーミングのように、質感を感じないほどエアリーなパウダー。余分な皮脂を吸収して毛穴を隠し、シルク肌に。4,500円(アルファネット TEL.03-6427-8177)
ライトリフレクティング セッティングパウダー プレスト N 光を反射することで毛穴や小ジワをカバーし、ナチュラルで健康的なトーンの肌を演出。グリセリンが乾燥から肌を守り、テカリを防ぐ。5,000円(NARS JAPAN TEL.0120-356-686)
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。