からだ
くらし

じゃがいもとたらのパセリたっぷりスープとアレンジレシピ。

時間も手間も惜しい毎日。2展開、3展開とアレンジできる大鍋いっぱいのスープを作って乗り切りましょう。料理家の堤 人美さんに教わります。
  • 撮影・三東サイ スタイリング・矢口紀子 文・松本あかね

新しい味の掛け算。しゃきしゃきサラダ×あったかスープ。

王道の組み合わせ。バターの香る穏やかな味わい。

じゃがいもとたらのパセリたっぷりスープ

【材料(4人分)】
じゃがいも4個(約600g)、パセリみじん切り大さじ4、たら4切れ、A[白ワイン大さじ2、水4カップ、塩小さじ1/3、レモン汁大さじ1、にんにく1かけ(すりおろす)]、バター大さじ1、塩・こしょう各少々

【作り方】
1.じゃがいもは4等分にくし切りにし、5分水にさらす。たらは3等分に切り、塩を振って10分ほど置き、出てきた水分をペーパーで拭く。こしょうを振っておく。
2.鍋にたら、Aとじゃがいもを入れてひと煮し、煮立ったら弱めの中火で10分ほど煮る。
3.じゃがいもに火が通ったらバターとパセリを加える。

*「サラダをのせる場合、ベースのスープはシンプルが基本です」。じゃがいもとたらはスープとして定番の組み合わせ。材料を1つの鍋で煮込むだけの手数の少なさもうれしい。

色鮮やかなマリネをのせて、味の変化を楽しんで。

紫キャベツのマリネのせ

【材料(2人分)】
上のスープ適量、紫キャベツ100g、塩適量、レーズン大さじ2(25g)、A[オリーブ油・赤ワインビネガー各小さじ2、はちみつ小さじ1/2、塩・こしょう各少々]

【作り方】
1.Aを混ぜておく。
2.紫キャベツを太めの千切りにし、ボウルに入れて塩を振り、手でよくもんで5分ほど置く。水気をぎゅっと絞り、レーズンを入れ、Aで和える。
3.スープを器に盛り、2を好みの量のせ、混ぜながらいただく。

*「シンプルなスープにちょっと複雑な味のサラダを組み合わせると、変化が出て飽きずに食べ進められます」。白菜の千切りの塩もみや、レタスの玉ねぎドレッシング和えなどでも。

堤 人美(つつみ・ひとみ)さん●料理家。雑誌、テレビ、広告など多方面で活躍中。著書多数。『野菜がおいしいのはスープだから』(学研プラス)ほか。

『クロワッサン』1012号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。