からだ
くらし

瀬尾幸子さんの体を芯から温める長ネギと牛スジの韓国風鍋レシピ。

冬野菜といえば思い浮かぶ3つの旬野菜。その栄養をたっぷり余すところなく摂れるよう、シンプルで美味な鍋レシピを提案します。
  • 撮影・津留崎徹花 スタイリング・荻野玲子

長ねぎと牛スジの韓国風鍋

野菜とスジ肉が一体に。とろとろの食感を味わう。

「とうがんが手に入らない時季は、下ゆでした大根でもまた違った味が楽しめます」

【材料(2人分)】 
牛スジ300g 長ねぎ2本 とうがん1/8個(400g) にんにく1かけ 生姜薄切り4枚 水4カップ 塩、胡椒、ごま油、キムチ各適量

【作り方】
1.
牛スジは圧力鍋に入れ、水を加えて蓋をし、圧力がかかったら15分煮て火を止めそのまま冷ます。
2.牛スジを取り出し一口大に切る。
3.長ねぎは縦二つ割りにしてから4cmに切る。
4.にんにくは半分に、とうがんは皮をやや厚めにむき、一口大に切る。
5.鍋に牛スジと煮汁を入れ、長ねぎ、にんにく、生姜、とうがん、塩小さじ1を加え、とうがんが柔らかくなるまで煮る。
6.器にとってから、各自塩、胡椒、ごま油、キムチで好みに味をつけて食べる。

残った具を白いご飯とともに。牛スジを汁ごとたっぷりのせ、好みのキムチなどを添えて味を変えながら食べる。
【長ねぎ】主に白い部分の甘さを楽しむ長ねぎ。ビタミンCが豊富、体を温める成分として硫化アリルなども含まれる。寒くなる時季から春が旬。
残った具を白いご飯とともに。牛スジを汁ごとたっぷりのせ、好みのキムチなどを添えて味を変えながら食べる。
【長ねぎ】主に白い部分の甘さを楽しむ長ねぎ。ビタミンCが豊富、体を温める成分として硫化アリルなども含まれる。寒くなる時季から春が旬。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。素材や調味料を活かしたシンプルで「本当に作りたくなる」レシピには多くのファンが。NHK『きょうの料理』など各種メディアで活躍中。

『クロワッサン』1008号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。