からだ

慢性的な腰痛やゆがみも解消!座って、立って、骨盤を整える。

腰痛、肩こりの原因は、骨盤が正しいポジションにないせいかもしれません。その不調、座り方や立ち方を変えるだけで改善できます!
  • 文・黒澤 彩 イラストレーション・ウラモトユウコ
【話を聞いた人】中村格子(なかむら・かくこ)さん●整形外科医。Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長。スポーツドクターとして多くのアスリートを支える。著書に『医師が教えるゼロポジ座り』(講談社)など。
【イラストルポ】ウラモトユウコ(うらもと・ゆうこ)さん●漫画家。2011年に『I know.』でアオハル漫画大賞を受賞しデビュー。作品に『彼女のカーブ』(太田出版)、『fit!!!』(小学館)、『かばんとりどり』(徳間書店)など。

ウラモトさんのお悩み、原因は骨盤にあるのかも?

「仕事柄、座っている時間が長いうえに、姿勢が悪いのが腰痛の原因かも……」

なんとかしようと、中村格子さんのクリニックへやってきたウラモトユウコさん。患者さんの多くが抱える腰痛や疲れやすさといった悩みに対して、中村さんが推奨するのは、“骨盤を意識した座り方”。

「正しい座り方というと、とにかく背すじを伸ばせばいいと思っている人が多いのですが、それよりも、骨盤がまっすぐ立っているかどうかがポイントです」

と中村さん。猫背であごが突き出た座り方の人は、骨盤が後傾している証拠。背中をCの形に丸くしないと頭を支えられないため、自然とその姿勢になってしまう。反対に、背中が反ってしまう人は骨盤が前傾して、恥骨のあたりに体重がかかっているはず。さっそくウラモトさんの座り方をチェックしてもらうと、

「うん。いい感じですが、骨盤はどうですか? 自分の骨盤を前後に揺らしながら、恥骨側でも尾骨側でもなく、ちょうど真ん中の座骨で座れる位置を探してみましょう。そして、左右のお尻に均等に体重が乗っているかを確かめて」

ふだんはあまり意識することのない骨盤の位置。でも、言われたとおりに座ったまま腰をゆらゆら動かしてみると、

「あ、わかります! これが“骨盤が立った”状態なんですね」とウラモトさん。横から見て頭部の中心(耳の位置)と座骨がまっすぐになる、正しい座り姿勢。

「キープするのがきついと感じたら、椅子の高さを調節します。膝が股関節より少し低いところにきて、両足がしっかりと床についていれば疲れないはず」

椅子の高さを調整できない場合は、座布団やタオルを使って座面を上げたり、足を乗せる台を置くなどの工夫を。背もたれがある椅子なら、腰の部分にタオルを当てて、骨盤をまっすぐ保てるようにサポートするといいのだそう。

体がとくに硬い人は、骨盤を立てる感覚をすぐにはつかめないかもしれない。でも、骨盤の形や長さは人それぞれ。正しい位置は自分で見つけるしかないのだ。

正しい座り方ができたら、次は立ち方や寝姿勢もチェック。骨盤のズレが不調の原因になる理由も見ていく。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。