【後編】更年期と上手につきあう美容法。 | 女性ホルモン | クロワッサン オンライン
からだ
ビューティー

【後編】更年期と上手につきあう美容法。

更年期になると、肌の状態が変わり、とまどう人が増えてきます。試行錯誤しながら悩みを乗り越えた、吉川千明さんにケア方法を聞きました。
  • 撮影・岩本慶三 ヘア&メイク・木下庸子(プラントオパール) 文・大崎京子

更年期特有の肌の変化は、ちょっとの工夫と化粧品選びで乗り切れます。

気持ちが前向きになれず、スキンケアをする気力がない。

→お手軽、時短なオールインワンなどを使う。

「スピーディにできるスキンケアに切り替えてみましょう。時短になるし、気持ちがラクになりますよ」と吉川さん。オールインワンジェルや、洗顔代わりになるシートマスクを。

やる気のない朝でもシートを乗せるだけで洗顔、化粧水、保湿下地まで完了。

肌が乾いて、パサパサ。何をしても潤わない。

更年期は潤いを保つ女性ホルモンが減るため、肌の乾きがひどくなることも。「まずはクレンジングの見直しを。洗顔の段階で潤いを高めておけば、乾燥に負けない肌に。朝はクリーム洗顔、夜はバーム洗顔で」

【朝の洗顔】1.クレンジングクリーム はパール粒大が目安。手のひらに取る。
【朝の洗顔】2.乾いた肌に乗せ、やさ しく、くるくるとなじま せ、ぬるま湯ですすぐ。

肌が敏感になって、今までの化粧品が合わない。

→肌を鎮静し、バリアを高める化粧品を選ぼう。

「更年期は、水分や皮脂のバランスがくずれて肌が過敏になることも。そんな時は、バリア機能を高めるケアをしてみましょう」洗顔後、1品で済むものに変えれば刺激もおきにくい。

肌をこすらないように注意 し、そっと押し込むように プレス塗りを心がける。

パウダリーファンデーションのノリが悪い。

→肌色になじみトーンアップする下地を使う。

→赤味やくすみを自然にカバーするBBクリームを使う。

→潤い効果の高いクリーム&リキッドタイプに替える。

パウダリーファンデーションを塗ると、肌がパサついた印象になり、グレーっぽく見える。そんな時は、肌を明るく、若々しく演出してくれる、下地やBBクリームを活用。「肌を潤わせるリキッドやクリームファンデーションも頼りになります」

メイクをしても、肌がくすんで疲れて見える。

→美容液で水分量をアップ!つややかな肌に。

→日中もひと工夫。メイクの上から、潤いスプレーを。

「肌がくすんで見える原因は潤い不足。朝晩は保湿力の高い美容液で乾燥をやわらげ、日中は保湿スプレーでメイクの上から潤いケア。くすみや乾燥、疲れが和らぎます」

『クロワッサン』944号より

●吉川千明さん 美容家、メノポーズ・カウンセラー/美容、食、漢方、女性医療など、さまざまな角度からナチュラルなライフスタイルを提案。「女性ホルモン塾」のセミナーも行っている。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE