肌の悩みもリセット。自分でできるお灸。 | 医療と健康 | クロワッサン オンライン
からだ
ビューティー

肌の悩みもリセット。自分でできるお灸。

より安全で手軽にできるようになったお灸。冷えはもちろん、たるみやシワ、乾燥のケアなど肌の老化予防にも効果的。
  • 撮影・森山祐子 ヘア&メイク・茂手山貴子 モデル・大橋規子 文・大塚明子

「東洋医学では気血が正常に流れることで健康が維持できるという考え方があります。気血が滞るとカラダが冷え、内臓がうまく働かず、免疫力が低下したり筋肉や関節の痛みが出るのです。もちろん肌にも、影響が出ます」

こんなときは、お灸で体内の熱エネルギーや元気を高めるのが有効、と柳本真弓さん。乾燥やハリ、弾力がない、冷たくてゴワついている……。そんな肌悩みもリセットできるという。

「加齢による衰えはエネルギー不足の状態と考えられるので、加齢によるシワやたるみにも効果が期待できます。2〜3日に1度、定期的に続けるとよいでしょう。また、即効性と持続力があるので、同窓会などのイベントがある前日には、ぜひ」

お灸は熱くて怖いというイメージがあるけれど、いまはもぐさが肌に直接ふれずに、ほんのり温かさが伝わる台座付きのものが多く市販されている。手の届きにくい肩や背面用の棒灸もあるので、自宅で一人でも簡単にお灸がすえられる。

でも、ツボを正しく探し当てるのは素人には難しいのでは?

「ツボの周囲には、似た作用のツボが集まっています。だから、ピンポイントではなく、数センチ大のエリアで捉えれば大丈夫。初めは一番冷えやすい足から1日に3、4個が目安。慣れてきたらほかの部位にもすえてみましょう。今日は腰、明日は腕、など部位を変えると続けやすいです」

チリチリと熱さを感じたら、はずす。煙が消えて、台座が冷えてもまだ熱さを感じないようなら刺激が充分でないので、熱さを感じるようになるまで、2個、3個と続けてすえる。お灸はリラックス効果を促すので、寝る前が理想。食後で満腹のときは、消化のため胃腸に血液が集中してしまうのでもったいない。

「体が冷えると肌は乾燥してカサつきやゴワつきが出ます。お灸はもぐさの作用で保湿ケアにもなるので、踵や指先のひび割れにもいいですよ」

肌機能の回復と加齢によって出てくる肌悩みの予防にもなるお灸。体調を整えながら美肌にも役立ち、一石二鳥。

台座付きのお灸は裏がシールでツボにはれるように。ツボの目安は、触って冷たく感 じるところ、凝りを感じるところ、へこん でいるところ、炎症の起こっているところ。

もっとも冷えやすい足は、全身に温かさを巡らせる拠点

三陰交(さんいんこう)女性に万能のツボ。小顔やリフトアップ効果も。

女性の万能ツボとされていて、押すと痛みを感じる場合も。冷え性をはじめ、むくみや生理痛、更年期症状に関わりが深い。小顔、リフトアップ、シワにも効く。

内くるぶしの頂点から 指4本分上

懸鐘(けんしょう)冷えはもちろん、首、肩、腰など全身の症状に。

首や肩の凝り、腰痛など、悩みの多い症状によく使うツボ。側頭部のこわばりにも効果的なので、ストレス解消や顔色が明るくなる効能も。

外くるぶしの頂点から 指4本分上

湧泉(ゆうせん)足を即効で温め、全身を元気にするツボ。

字の如く気が湧き出てくる場所といわれ、体力や気力を高めて全身を元気にするツボ。足全体の冷えに即効性がある。お腹や腰の冷えからくる生理痛や更年期障害にもいい。

足裏の土踏まずの やや上の中央

衝陽(しょうよう)足の冷え解消の重要ポイント。胃の不調にも。

足の血行を促し、足全体の冷えを解消するのに欠かせないツボ。また、胃の疾患にも重要なツボで、ストレスや疲労などによる食欲不振、神経性胃炎などにも効果的。

足の人差し指と中指の間の 延長線上で、 脈を感じるところ。

湧泉(ゆうせん)+衝陽(しょうよう)近くのツボに同時にすえ、刺激をパワーアップ

湧泉と衝陽、三陰交と懸鐘など、近くにあるツボを同時にすえるのも効果的。〝挟み撃ち〞することで素早く温まり、効果も長く続く。

太渓(たいけい)足、お腹、腰の冷えを改善し、代謝を高める。

足の冷えやむくみ、お腹や腰の冷えを改善するツボ。生理痛や婦人科系疾患にも効果的。腎臓の機能を高めるツボでもあり、心身の疲れを癒やし、代謝を高め老化対策にも。

内くるぶしの高さで 少し後ろ側、アキレス腱との間

『クロワッサン』938号より

●柳本真弓さん 目白鍼灸院院長/鍼灸師として治療にあたるほか『NHKマイあさラジオ』(ラジオ第1)月1レギュラーなどメディアでも活躍中。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE