cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
からだ
ビューティー

頭皮ケアにウォーキング。
平井かずみさんがたるまない秘訣。

年齢を重ねても、肌にも印象にもハリがある。フラワースタイリストの平井かずみさんが日々の暮らしのなかで大切にしていることを聞いてきました。
  • 撮影・黒澤義教

「頭皮が柔らかくないと顔はたるんでしまう。最近そう実感しています」

弾むようなハリに内側から輝くようなツヤ。透明感溢れる美肌の持ち主、平井かずみさんの日課は、お風呂のなかでの頭皮マッサージだ。

「顔の皮膚と頭皮は繋がっているので、頭皮をほぐすと、お肌もリフトアップされ、顔色が良くなります。週に1回はシャンプー前にお気に入りの〈ヘアクレンジングクレイ〉を使い、毛穴の汚れをしっかりオフしています」

数カ月前から始めた、ハーブの一種であるヘナを使ったトリートメントの効果にも驚いている。

「人工的でないヘアカラーを探していたところ、ヘナに出合いました。知人のサロンでヘナトリートメントをしてもらうと、染髪という以上にデトックス効果が絶大。ヘナの解毒作用で頭皮はすっきり、血流を促してくれるので冷え取りにもいいそうです」

体のめぐりを良くするには、頭皮ケアともうひとつ、足元も重要だという。

「ウォーキングの先生からのアドバイスで、最近は普段からスニーカーを履いて歩くようにしています。ふくらはぎをきちんと使い、かかとで着地し、つま先で蹴る、という正しい歩き方が自然と身に付き、ひどかった脚のむくみや姿勢の崩れも改善されました」

血行アップは、頭皮、そして足元から。

頭皮ケアは、サロンではヘナトリートメント、自宅ではクレイクレンジングを。平井さんが通う神奈川・溝の口の『ヘナサロン アッターリー』では商品の購入も可能。靴をスニーカーに替えてからは代謝が上がり、脚の冷えやむくみも改善した。

ヘナケアに使う〈リーフヘナパウダー〉100g 1500円(左)など。(ヘナサロン アッターリーhenna-attari.com

〈ユメドリーミング エピキュリアン ヘアクレンジング クレイ〉を愛用。

スニーカーは日本人の足に合った〈ニューバランス〉が平井さんのおすすめ。

肌の美しさは内側から。五感を使って心も健康に。

平井さんが、暮らしのなかのあらゆる場面で活用しているのが、エッセンシャルオイルだ。

「枕に垂らしたり、お風呂に入れたり、香水代わりにしたり。いい香りを嗅いでいると自然と呼吸が深まるし、心身ともにリラックスできます」

仕事柄、ほぼ毎日触れる草花もそう。香り、見た目、手触りと、五感を使って接するようにしている。

「歳を重ねると、外側からのケアももちろん大事。若い頃よりも保湿を重視し、とにかく乾かないよう心がけています。けれど、やっぱり美容も内からのもの。香りや食も含め、五感で感じたものが肌にも表れてしまう。だからこそ、ストレスをためず、心を健やかに保つことが一番大切だと思います」

頭から、足元から、そして心もめぐらせる。生き生きとハリのある暮らしが、たるまない肌を作っている。

様々なシーンで活躍する エッセンシャルオイル。

「普段から植物を扱っているので、人工的な香りはあまり馴染まず、天然の香りが好きです」

特に使用頻度が高いのは、抗菌や抗炎症作用のあるラベンダーやティーツリーのオイル。旅先にも持っていく。

〈サーズデイプランテーション ティーツリーオイル〉(左)など。

スキンケアはパックのみ。 ながら美容で乾燥対策。

スキンケアは、基本、朝・晩のパックのみ。美容液もクリームも使わない。乾燥が気になるときのみ、パックの前にオイルを。「毎日のことだから、忙しくても続けられるシンプルケアを。パックは大容量の手頃なもの」

〈ドゥーオーガニック トリートメントオイル スムージング〉(右)

『クロワッサン』938号より

●平井かずみさん フラワースタイリスト/誌、広告などでスタイリングを手がけるほか、東京・自由が丘の『caféイカニカ』を拠点に全国でワークショップを開催。著書に『フラワースタイリングブック』(河出書房新社)など。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE