からだ
ニュース

唇のくすみや乾燥をケアすれば、縦ジワがあっても老けて見えない。

年齢とともにくすみや縦ジワなどのトラブルが目立つ口元。肌同様にきちんとケアをしてリップメイクを変えれば、確実に若返ります。
  • 撮影・鈴木 宏 モデル・岩井理恵子 文・岡井美絹子

無理にシワを隠すのではなく、血行よく潤った唇を目指して。

ヘア&メイクアップアーティスト 長網志津子さん
ヘア&メイクアップアーティスト 長網志津子さん

シワのケアやカバー、というと目元にばかり注意がいきがちだが、意外と見落としているのが口元だ。
「口まわりや唇は放っておくと色がくすみ、かさついてシワが目立ちやすくなります。さらに加齢によって唇自体が痩せ、輪郭も曖昧になると、顔全体の印象を老けさせてしまいます」
と長網志津子さん。肝心なのは、日々のお手入れと口紅の色選びだと言う。
「まずはメイクのテクニック以前に、きちんと唇まわりをケアすることが先決です。マッサージをして血行を促しくすみをはらう、乾燥ケアをするなど土台を整えれば、縦ジワも気にならなくなり、リップメイクも映えるもの。その上で、口紅は発色がよく、透明感が出るヌードっぽいピンク系を選んで。中央だけに色を重ねる2色塗りで、ふっくら若々しい唇に仕上げましょう」

老け感が増す、NGリップとは?

シワを隠そうとグロスを厚く塗るのは、逆効果になる可能性が。また、全体を縁取ったリップラインは下がった口角を強調してしまう。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE