facebook instagram twitter youtube
ニュース

雑貨屋さんの掃除に学ぶ、日常の簡単モップ術。

世田谷の人気雑貨店「stock」の店主・オギハラナミさんに埃をためない日々の簡単掃除術を教えてもらいました。
  • 撮影・岩本慶三 文・河野友紀
雑貨店「stock」。タイ、トルコ、 台湾、日本など様々な国から集まったお宝の紙モノが。

足を踏み入れると、商品数の多さに圧倒されるオギハラナミさんのお店。「全部で1000商品くらいあるかと思います。埃はもちろんのこと、お店なのでドアの開け閉めが多く、砂埃のようなものも入り口付近は気になります。毎朝、マイクロファイバーのモップで商品の上を撫でるように掃除。ツヤッとした素材ほど埃が目立つので、そこは念入りに掃除します」

軽く叩いたり、サッと撫でたり……。日常の簡単モップ術。

動きやすい商品は、ポンポンと優しく叩きながらモップを使い、埃のみを吸着。

ツヤッとしていて色が濃い素材は、埃が目立つ。こちらもすーっと撫でる。

棚の上は撫でるように、雑貨の間を縫うようにモップを動かして掃除をする。

器の形状のものも、中に埃が堆積しがち。モップの先端を使い、内側をそっと拭う。

愛用は無印良品の「マイクロファイバーミニハンディモップ」。商品を傷つけず、優秀。

気になる箇所はこんなアイテムを使って。

棚の拭き掃除には、ハーブ水を使用。水にアロマオイルを数滴たらし、手ぬぐいを入れて絞る。

棚の奥までしっかり拭く。「ミントの香りには、防虫効果もあると聞いたことが」とオギハラさん。

陳列台の天板など、面の部分の掃除に便利なのが、小さな箒。すき間に差し入れて、ゴミをはく。

ホコリを溜めないために、〝隙間なく商品を並べる〞という技を実践しているというオギハラさん。「びっしり並べて〝面〞にしておけば、日常は面を掃除するだけで済みます」

『クロワッサン』953号より

stock 東京都世田谷区経堂2-25-13 ☎︎03・6413・6510 12時~20時(日・祝日~19時)、火・水曜休。タ

●オギハラナミさん コラージュ作家、stock店主/文房具はもちろん、お店の包み紙、果物の袋など、国内外の紙製品をこよなく愛す。5年前に好きな紙製品を集めた雑貨店をオープンし、3年前、現地に移転。

文字サイズ