facebook instagram twitter youtube
ニュース

パン屋さんの「まかない」/ 亀有マルミヤパン店

パンを知り尽くしたベーカリーの人たちに、「いつもの」おいしい食べ方を聞きました。3軒の名店がパンと相性抜群のスープを紹介。今回は、亀有マルミヤパン店へ。
  • 撮影・岩本慶三 文・後藤真子

昔ながらの情緒が残る下町、亀有で、創業50年余を数える亀有マルミヤパン店は、店舗兼住居に3世代が同居するアットホームなベーカリーだ。

初代の宮地邦彦さん、久美子さん夫妻が見守る中、息子の唯光さんが2代目職人として80種以上のパンを作り、妻の朋子さんが店を切り盛りしている。朋子さんは3人の子どもを育てながら、毎日午前2時に起床してサンドイッチの具を作ってきた。

「一つ屋根の下に暮らしていても、仕事の都合で生活時間帯がずれるので、家族の食事はばらばらです」と朋子さん。たとえば初代夫妻はお昼前、朋子さんは客足が一段落した昼過ぎに、唯光さんは午後のパンを焼き終える頃を見計らってという具合。そこで重宝するのが、作り置きのきくスープだ。

今回、朋子さんが用意してくれたのは、パプリカの風味がさわやかなミネストローネ、かぼちゃの皮をきちんとそいで作ったとろとろのポタージュ、根菜や海老などの具をたっぷり入れ、豆乳で優しい味に仕上げた味噌汁の3種。それぞれ食べる時に人数分を温め直し、合わせるパンにもひと工夫して「おいしく」味わう。

右から、ミネストローネ、かぼちゃのポタージュ、豆乳入り味噌汁

「実は、焼きたてや作りたてのパンはお客様に出してしまうため、スタッフはめったに食べられません(笑)」

だからこそ、焼きたてのおいしさをよみがえらせるパンの温め方や、サンドイッチの活用法など、パン屋さんならではのアイデアが生まれる。それらのアイデアや、パンに合う家庭料理のレシピを、朋子さんは忙しい日々の中、店頭で配るプリントやブログで積極的に発信している。そうした取り組みが、店の魅力にもなっている。

「良い材料で、まじめに作る」が唯光さんのモットー。1日15斤限定の特上食パン(1斤270円)はカナダ産の高級小麦粉、沖縄の塩、フレッシュバターを用い、小麦粉を熱湯で練った「湯だね」を一晩寝かせて焼き上げる。特有のもっちり感が人気の秘密だ。

左上から時計回りに、手作りチキンカツサン ド330円、塩パン120円、リンゴのシロップ 漬けが入ったまるごとりんごちゃん230円、 中辛カレーパン175円、やきそばパン200円。

カレーパンは甘口、中辛、大辛口の3種あり、やきそばパンはゆで卵入りとソーセージ入りの2種。サンドイッチは久美子さんが揚げるチキンカツが一番人気、朋子さんが作るサラダのサンドイッチがそれに続く。ジャムやチョコをあしらった甘党の喜ぶ菓子パンも豊富で、さまざまな年齢の人たちが好みに合わせて選べるよう、品揃えにはこまやかな配慮が行き届いている。

顔見知りの常連も多く、店に立つ久美子さんや朋子さんと気さくに会話する場面も珍しくない。宮地一家が3世代なのと同様、3世代で同店に親しんでいる地元客も少なくないのだろう。

生活時間帯がずれているため「すれ違い夫婦です」と冗談めかして朋子さんは笑うが、家族が食事を共にできないのは、心を一つにして大切な店を支えているから。地元との絆でもある同店には、心温まる一体感が満ちている。

ポタージュには、角食のトーストを浸して。

かぼちゃの甘味が生きた濃厚な味のポタージュには、シンプルに角食のトーストを。もちもちした食感がベストマッチだ。「おじいちゃんには、パンを刻んでスープに入れて出します。スープがたっぷり染みてパンが柔らかくなり食べやすいようです」と朋子さん。

2㎝角に切ってスープに浮かべる。
このまま食べても、もちろんOK。

ミネストローネはサンドイッチを焼いて。

「当店のサンドイッチは、トースターで焼くと買った翌日も召し上がれます」。パンの表面に焦げ目がつき、具材はほかほかのホットサンド風になり、生の時とは一味異なるおいしさが楽しめる。これぞパン屋さんの裏技!

豆乳入り味噌汁にはバターロールを温めて。

意外にも和の惣菜に合うというバターロール。トースターで普通に焼くと焦げてしまいがちなので、朋子さんのすすめる方法は「先にトースターを温めてスイッチを切り、バターロールを入れて余熱で5分ほど置きます」。すると、焦げずに焼きたて感がよみがえる。

里芋やれんこんが入った豆乳味噌汁。バターロールは温め方にこつがある。

亀有マルミヤパン

東京都葛飾区亀有1・11・8

☎︎03・3602・5731 7時~19時 月曜休

『クロワッサン』943号より

文字サイズ