facebook instagram twitter youtube
ニュース

パン屋さんの「まかない」/ウチキパン

パンを知り尽くしたベーカリーの人たちに、「いつもの」おいしい食べ方を聞きました。3軒の名店がパンと相性抜群のスープを紹介。今回は、1888年創業のウチキパンへ。
  • 撮影・岩本慶三 文・後藤真子

120年前から作られる食パンには、濃いめのクラムチャウダーが好相性。

現在4代目の老舗である横浜のウチキパンは、日本の食パン販売の発祥として知られている。今回はやがて5代目を担う工場長の打木豊さんが、同店伝統の食パン、イングランドとスープのおすすめの食べ方を紹介してくれた。

「子どもの頃からイングランドを食べてきて自分が一番合うと思うのは、キャンベルの缶入りクラムチャウダーです。ただ、個人的な好みですね(笑)。家族にはミネストローネを合わせるのが好きだという者もいます」

イングランドは型に蓋をせず、上部をふっくらと山形に焼き上げるイギリス型食パン。初代の打木彦太郎氏が、同店のはじまりとなる『ヨコハマベーカリー宇千喜商店』をこの地に開いたのは、横浜開港からさほど年を経ていない1888年だった。その当時から120年以上、同店はイングランドの販売を続けてきたことになる。

「開港当初はまだ国内でイーストが手に入らなかったので、パン種にはビールの原料であるホップを使っていました。イングランドは今でも当時のようにホップ種を主に用いています」

ホップ種を仕込むのには4日かかるため、「実は、すごく手間がかかっています」と打木さん。発酵を早く進めさせるため、現在では若干イーストも添加しているそうだが、極力、横浜開港当時の味を伝えようと技術を継承している同店の姿勢には感銘を受ける。

使いこまれた型で焼かれるイングランド。焼き上が りは通常午前11時前後。午後に追加が出ることも。

「これがちょうど4日目のホップ種です」と、打木さんが軽量カップに入れた液体を見せてくれた。黄みがかった乳白色で匂いはまさしくビールそのもの。もちろん、焼き上がったパンにはビールの香りは残らないが、「気をつけて食べると、ホップ由来のほろ苦さと香ばしい感じがわかると思います」。

オーソドックスな食事パンだけに、どんなスープや惣菜、ジャムにも幅広く合う。なかでも打木さんのイチオシは前述のクラムチャウダーだが、まずは「厚めにスライスしてトーストし、最初はバターをつけずに食べてみてください。バターをつけなくても、けっこうおいしいんです」。

イングランドはトーストすると、表面はサクサク、中はもっちりするのが特徴という。言われたとおりトーストをバターなしで食べてみると、弾力のある食感のなか、かすかにホップの香りが感じられる気がした。

風味や食感が失われないよう、「保存は冷凍で、食べるときは解凍せずに焼く」というのも打木さんのアドバイス。この日はおすすめの食べ方を、店のスタッフたちに試してもらった。

右から、打木さんとクラムチャウダーを味わ うスタッフの松田さん、山崎さん。

「一度冷凍したパンをトーストしたとは、全然わからないですね」と松田智子さん。「できたてと同じくらいふっくらしています」と山崎芽衣さん。二人とも、クラムチャウダーはパンに付けて食べたりしながら「おいしい!」。

打木さんを交えてお気に入りの食べ方の話で盛り上がり、「家ではバターと蜂蜜をつけて食べています」と松田さん、「ケチャップ、ハム、チーズをのせて焼き、レタスものせてピザパン風にします」と山崎さん。すると打木さんも、「バターの上に味付け海苔を、パリパリのままのせてもおいしい」。楽しみ方は限りない。これこそ120年以上愛されてきたイングランドの魅力だろう。

「イングランドのトーストと一緒 に長年いろいろ食べてきたなかで、 個人的にはこれが一番合うと思い ます」と話す打木さんのお気に入 り、キャンベルの缶入りクラムチ ャウダー。牛乳を足して温めるタ イプで、「ちょっと濃いめ」に作 るのがおすすめという。

店頭にはほかにも個性的なパンが多数。ナッツとドライフルーツ、クリームチーズが入ったライ麦パンのライブレッド、黒ごまを練りこんだ生地で角切りサツマイモを包んだセサミ・スイートポテトなど、一つ一つに誕生ストーリーがありそうで、夢がふくらむ。

手前から、長方形で食べやすいアップルパイ190円、 ライブレッド200円、セサミ・スイートポテト270円。

冷凍した食パンは、解凍しないでトースト。

食パンを買ったら、すぐに食べない分は冷凍保存する人も多いはず。打木さんのやり方は、「スライスした状態で冷凍し、食べる時は解凍せずにトーストします」。凍ったままオーブントースターに入れるので、通常より少し長めに時間がかかるが、「解凍しないで焼くほうが、パンの食感や風味がいいので、試してみてください」。

ウチキパン

神奈川県横浜市中区元町1・50

☎︎045・641・1161 9時~19時 月曜休

『クロワッサン』943号より

文字サイズ