くらし

【カメヤマ】暮らしの中にある語らいの時間。リビング供養を家族の習慣に。

「おはよう」と「おやすみ」の挨拶を、亡くなったあの人とも。リビングに祈りの空間を作れば、故人と対話する時間も自然と増えていきそうです。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・白男川清美 撮影協力・AWABEES、TITLES、UTUWA

「今日はこんなことがあったよ」。 一日の報告をする時間が癒やしになる。

線香に火を灯し、亡くなった大切な人に手を合わせ、静かに語りかける。それは日本人の暮らしの中に、当たり前に存在していた時間。いまでは仏壇のある家もずいぶん減ったと聞くけれど、失いたくない習慣のひとつだ。

「核家族化や住宅事情の変化で、仏壇のある家庭は確かに減っています。けれど、仏壇や仏具がなくても、故人の供養はできますよね。大切な人を思いながら手を合わせるだけでいいんです。供養はこうでなければという固定観念は捨て、もっとカジュアルに捉えても良いと思いますよ」

そう語るのは、ローソク、線香の専門メーカー、カメヤマの古川多美華さん。「お作法どおりに供養しなければ」と思うと続かない。だからこそ、生活の空間と時間に自然に溶け込む『リビング供養』を提案する。

「家族が集う場所のサイドボードや棚の上など、どこでも良いと思います。写真を飾り、線香を立て、好きだったお花やお菓子を供える。それだけで立派な供養の空間になります」

そんな時に利用してほしいと開発された線香が『花げしき 備長炭香』。

「気密性の高いマンションや、冬の室内など空気の入れ替えが難しい環境での使用を念頭に作られています。煙が少なく、香りもほとんどないのでリビングでの使用にはぴったり」

線香特有のにおいや煙が気になるという家族が一緒にいても、気兼ねなく使える。長さが9.5センチの「ミニ寸」なら、一層扱いやすい。インテリア用の小さめの香炉を使っても焚けるし、燃焼時間が短いのも安心材料。同様にローソク『クリ・オ15』も長さおよそ4センチとかわいらしいサイズ。うっかり倒す心配も少なく、消し忘れてもおよそ15分で燃え尽きる。

「ローソクに火を灯しお線香を焚くことが、日常の慌ただしさから離れるスイッチになると良いですね。大切な人と対話するためのツールとして、暮らしの中に取り入れてほしいです」

右から、煙も香りもほとんどない消臭成分配合の備長炭の線香。最近では火の始末を懸念して、短めの線香を選ぶ人も多い。花げしき 備長炭香 ミニ寸(約50g、長さ約9.5cm)450円、レギュラー(約120g、長さ約13.5cm)830円。パーム油から抽出した植物原料を配合したローソク。ススも出にくい。カメヤマローソク クリ・オ15(約138本入り)550円。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。