くらし

牛肉と小松菜の沙茶醬(サーチャージャン)炒めのレシピ【ツレヅレハナコさんに習う台湾食材料理】

旅先で食材を買っても使いこなせなかった経験、ありませんか? 旅好き料理好きなツレヅレハナコさんに台湾食材料理を習います。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・佐々木カナコ 文・河野友紀 協力・堀 由美子

炒めることで、香味がふわっと広がる。

炒めるときは、合わせ調味料ごとフライパンへ。「沙茶醬を知ったときに、絶対牛肉に合う味だと思ったので、肉の下味に使って炒めたら、大正解!」

【材料(2人分)】
牛切り落とし肉150g 小松菜(小)1把 合わせ調味料[沙茶醬、紹興酒、しょうゆ各大さじ1 片栗粉大さじ1/2] ごま油大さじ1/2

【作り方】
1.ボウルに牛肉を入れ、合わせ調味料を加えてもみこむ。小松菜はざく切りにする。
2.フライパンにごま油を中火で熱し、牛肉を入れて炒める。肉の色が変わり始めたら小松菜の茎を加え1分ほど炒める。葉の部分も加え、全体がしんなりしたら器に盛る。

ツレヅレハナコ●編集者。出版社での料理本編集などを経て、フリーランスに。『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP出版)など、料理にまつわる著書多数。

『クロワッサン』993号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。