くらし

【お金との付き合い方編】貯まる人、貯まらない人。毎日の生活、ここが違った。

スムーズに貯金ができるかどうかは、日々の生活習慣に表れていた。「貯まる人」が自然にやっていることとは?
  • イラストレーション・山口正児 文・菅野綾子

お金を貯めるには“毎月の予算を家計簿できっちり管理”して、“日々節約する”のが当たり前と思いがち。

「でも実は、それ以上に簡単で、大切なことがあるのです」とは、これまで延べ1000人以上の女性を取材してきたマネーライターの大上ミカさん。

「取材で出会うお金が貯まる人たちは、家計簿もつけていなければ、節約もとくに気にしていないと言う人も多いんです。けれど誰一人として、部屋が汚かったり、夜更かしをしていたり、夫婦関係がぎくしゃくしている人がいませんでした。お金を貯められる人には皆、毎日がスムーズに流れる暮らしを送っているという共通点があります」

それほど、お金と暮らしには深く、密接な関係があると言う。

「私たちは暮らしのためにお金を使っているのですから、暮らしを整えていけば、自然と出費にも無駄がなくなって、お金が貯まるようになるのは当然のこと。実際に、それまで貯金がなくても、生活を見直してから貯められるようになったという人もたくさんいました。お金を貯めたければまず、生活習慣を見直すことが大切なのです」

心にゆとりを持つことが無駄な出費を抑える土台。

そこで、大上さんが実施したアンケート調査の中から、貯まる人が実際に行っている生活習慣をピックアップ。

「夫婦関係、モノ、買い物、お金の習慣など、種類はさまざまですが、改善すべきは生活の“詰まり”です。詰まっている部分を流すケアをすることで、日々のストレスが減っていきます」

そうして生まれる心のゆとりは無駄な出費を抑える土台ともいえるのだ。

「お金の管理はとても面倒なうえに、食事や洗濯と違い、毎日やらなくても生活は回ってしまうもの。だからこそ、心にゆとりがなければ真剣に向き合うことができないのです。つまり、暮らしを整え、毎日のストレスを減らすことが、スムーズにお金を貯める一番の近道。まずは何かひとつでも生活の改善を始めてみると、貯蓄につながる効果をきっと感じられるはずです」

大上ミカさん
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE