くらし

4LDK、4人+愛犬家族のお宅を訪問、仲間わけ整理でいざ片付け開始!

  • 撮影・青木和義 文・一澤ひらり

【玄関】家の顔はごくシンプルに整えたい。

(右)Before。長靴とブーツが場所を取り、長男の靴が入りきらず靴箱下に。右側は虫除けスプレー、雨具、サッカーボールなどが混在、慌ただしい印象。(左)After。左側のブーツを納戸に保管し、棚板2枚を足したら家族全員の靴を収納できた。右側に長靴や傘などをまとめ、スリッパは玄関脇チェストに。

靴箱は靴と傘の始末が肝心要。
「ブーツなど季節物の靴は納戸に保管して、育ち盛りの息子さんの小さくなった靴も処分しましょう。靴箱にかなり余裕が生まれます」
傘も本数を絞って、きれいに立てて保管。玄関は常に清々しく。

(左)《ヒント2》ブラシや靴墨など、シューケア用品は出しやすいトレーに入れ、左側の最下段に。 (中)《ヒント1》2階リビングにあった犬の散歩用リードはボックスに入れ、左側の2段目に。 (右)《ヒント1》虫除けなどのスプレー類はファイルボックスに入れ、右側4段目手の届く場所に。

【洗面所】洗面所に下着収納スペースを。

(右)Before。右側の背の高い収納ケースには買い置きした洗剤がいっぱい。その隣はバスタオルを収納しているが、引き出しが深いため使い勝手に難が。 (左)After。3階にあった浅い引き出しの収納ケースと交換、家族の下着を入れてプラスチックダンボールで目隠しを。左奥のケースは整理して一段減に。

下着の収納は洗面所が理想的。
「1人1つ、個人の引き出しに収納すれば、お風呂上がりにすぐ着られて動線にもかなっています。わが家もそうしているんですよ」
狭い場所だけに余分なものは置かず、気持ちよく使いたい。

《ヒント1》ほこりがたまりやすい洗濯機脇はプラスチックダンボールをフタのように敷き、上にゴミ箱を設置した。傍らの収納ケースには厳選した洗剤や洗濯ネットなどを。

小西紗代(こにし・さよ)●整理収納アドバイザー、「神戸のちいさな収納教室」主宰。兵庫県神戸市在住。整理収納アドバイザー1級、風水鑑定士資格取得。’11年より主宰の整理収納サロンは予約の取れない人気教室に。

山田 恵(やまだ・めぐみ)●商社勤務。40歳を目前に、シンプルで心地よく暮らしたいと思い始め、現在片づけに奮闘中。

『クロワッサン』982号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。