くらし

靴箱がごちゃごちゃです。収納方法が知りたい。【片付け&掃除Q&A】

「家の「顔」ともいうべき玄関の「困った」、解決方法をハウスクリーニングのプロ、佐和田久美さんに聞いた。
  • 撮影・中島慶子 文・大澤はつ江

Q.靴箱がごちゃごちゃです。収納方法が知りたい。

A.家族の靴の数を把握し、必要なものだけを収納します。

靴箱を整理整頓するにはどのぐらいの靴があるのかを把握することが肝心です。そのためには一度、すべての靴を出し、各々の名前をつけたシートの上に並べます。そうすると誰の靴が多いのか、どんな靴が入っているのかがわかります。平均で大人の場合、10~15足を保有しているといわれます。靴箱のサイズにもよりますが、1人7~8足を目安にすると余裕ができ、収納スペースが生まれます。

靴を仕分けするには、(1)履かない靴、(2)履きにくい靴、(3)古い靴、を基準にするとスムーズに行えると思います。仕分けた靴はリサイクルなどにまわしても。

(1)シートの上に家族の人数に合わせてテープで区切りを作る。ガムテープに名前を明記する。

(2)靴箱からすべての靴を出し、それぞれの場所に並べる。これで誰の靴が多いかが一目瞭然に。

(3)1人7~8足を目安に靴を仕分ける。各々4~5足の靴にしたらかなりすっきり。

(4)サイズが合わなかったり古くなった靴。いつか履くかも、というものは履かないと判断。

靴箱の隙間に押し込められたり、入りきらずにたたきに散乱している靴。数を見直して空きスペースを確保。

毎日、家族が頻繁に出入りする場所のひとつが玄関。そして、お客様などが最初に目にする場所でもある。玄関がきれいで清潔だと、日々の暮らしが快適になる、とハウスクリーニングのプロ、佐和田久美さん。

「玄関に靴が散乱せず、靴箱内がひと目でわかれば靴が迷子にならず、外出時に慌てません。私は玄関を室内の一部と捉えて、毎日の部屋掃除同様、たたきに掃除機をかけて埃を吸い取り、モップで水拭きをしています」

そして、履いた靴は各人が責任を持って収納するのがルール、と。

「近年は除菌意識が高まり手指の消毒、ドアノブなどの拭き掃除を徹底して行う方も多いと思います。でも、靴底についた土や砂はどうですか? ここにも菌は多く潜んでいます。玄関内に土や砂をなるべく持ち込まないよう、日々掃除を心がけることが大切なんです」

では、玄関掃除はどこから始めればいいのだろうか?

「まず靴箱内の整理から始めます。中がごちゃごちゃだと収納できない靴がたたきに散乱する原因にも。家族全員の靴を見直してから棚板などの掃除を。その後に玄関の掃除を行います。逆だときれいにした場所に、靴箱の埃が落ちて汚れてしまいます。きれいな玄関は一日の始まりに不可欠です」

佐和田久美

佐和田久美 さん (さわだ・くみ)

ハウスクリーニング「ワンズコピー」代表、 子ども食堂「ミライダイニング」主宰

清潔で整った環境から生まれる幸せ作りがモットー。ミライダイニング(TEL.03・3622・3902)で、子どもたちの食育を担う。https://ones-copy.co.jp

『クロワッサン』1065号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。