【庭を楽しむ 平井かずみさん】自然のままを受け入れる、庭も花生けも同じです。【後編】 | 趣味とペット | クロワッサン オンライン
くらし

【庭を楽しむ 平井かずみさん】自然のままを受け入れる、庭も花生けも同じです。【後編】

5月にはバラ、6月にはアジサイ。花と緑が調和する小さな庭が、花生けについて教えてくれること。
  • 撮影・徳永 彩
2階から見た、平井家の冬の庭。土が見え、植物の配置がわかりやすいこの時季にレイアウトを練る。木の陰になりやすい左上部分には、クリスマスローズやシダなど、日陰に強い草花を。

そもそも平井さんがガーデニングを始めたのは、フラワースタイリストの仕事をするずっと前、20代半ばで結婚したばかりの頃。ベランダにプランターや鉢を置き、チューリップやスミレなどを気の向くまま育てた。そのうちにバラの魅力に目覚め、70鉢以上ものバラでベランダが埋め尽くされるまでに。30代で一軒家を建てることになった時、決まっていた設計図を引き直してもらい、ひと部屋分を削ってまで作ったのが今の庭だ。思いの詰まった庭は、18年の間に少しずつ変化してきた。
「毎年1月、今年は何を植えようかと、ノートに書き出してプランを練ります。植物を移植するなど、庭のレイアウトを見直すことも。この季節の庭も、清々しくて、気持ちがいいんですよ」

空が高く、草木はどこか凛とした様子の1月の庭。春や夏の華やかさは、静かに花を待つ冬の時間があってこそ。
「植物の成長にとっても、この時季の作業はとても大事。まず、土に腐葉土を混ぜたり堆肥を撒いたりして、土作りをします。そして、植物たちが休眠している間に、木を剪定したり枯れてしまった草花を抜いたり。風通しをよくして環境を整えておくんです」

春のカラフルな花々、夏に生い茂る緑、秋に色づく紅葉や実もの、冬の立ち枯れた木々。丁寧に土台を作ることで、小さな庭には何度も旬が訪れる。
「一つひとつの植物も同じです。うちのシンボルツリーのジューンベリーは、春一番に白い蕾をつけて、真っ白な花が咲き乱れ、その後には新緑の葉っぱ、そして赤い実。庭と接していると、切り花を買ってくるだけではわからない、一瞬一瞬の旬に出合えるんです」

冬の澄みきった空気のもと、花を待つ庭。

一年の庭のプランを書き留めたノート。
早くも球根が芽吹き始めている。
宿根草のスズラン。4月になると花をつけ、春の訪れを知らせてくれる。
シンボルツリーのジューンベリー。花が散った後の5月、実が赤く色づき始める。
一年の庭のプランを書き留めたノート。
早くも球根が芽吹き始めている。
宿根草のスズラン。4月になると花をつけ、春の訪れを知らせてくれる。
シンボルツリーのジューンベリー。花が散った後の5月、実が赤く色づき始める。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE