くらし

相性のいい野菜を一緒に、おいしいコンテナ栽培術。

  • 撮影・岡本 潔 苗提供・日本デルモンテアグリ、トキタ種苗 商品提供・プロトリーフ、豊徳、タカショー

さあ植えよう。初心者でも簡単、安心に作る、おいしい植物の植え方。

《 苗以外に必要な、土やコンテナ、その他の道具 》

根に酸素を与え、水はけを良くする石。天然素材が原料。かる〜い鉢底石 12L 1,059円※編集部調べ(プロトリーフ TEL:03-3769-2828)
ココヤシを素材とした、軽くて水持ちのよい培養土。菌根菌が配合されている。花野菜用かる〜い培養土 40L 1,383円※編集部調べ(プロトリーフ)
もみ殻を低温で炭化させた。土を長く使うために土壌改良剤として、培養土に混ぜる。くん炭 20L 1,296円※編集部調べ(プロトリーフ)
微生物たっぷりなミミズの糞土100%のたい肥。追肥や土壌改良にも使える。みみずのチカラ肥料 1L 600円(豊徳 TEL:0885-37-2222)
玉ねぎ用ネット袋や台所用水切りネットに鉢底石を入れると、使い回しができて便利。
トマトは巻きつくように成長するので、植え付け時にトレリスを準備。長めの支柱でも可。
ピーマンには竹支柱を準備。安全と腐食防止のため、先端にビニールテープを巻く。

《 特性に合わせたサイズと構造のコンテナを準備 》

トマト、バジルは、深めがベター。ウッドバレルプランター 深型M グレイウォッシュ Φ37×高さ30cm 3,300円(タカショー TEL:0120-51-4128)
オクラ、タイムにはハイタイプ。ホームベジトラグ コンパクトスリム グレイウォッシュ(約)幅77×奥行46×高さ63cm 1万1400円(タカショー)
香味野菜は小さめでOK。ダックスプランター 140型 ミディアムブラウン 幅45×奥行18.4×高さ16cm(ウッドプロ TEL:0829-74-3714)

《 トマトを例に、具体的な植え付け方を学ぶ 》

1. ネット袋に鉢底石を入れ、培養土:くん炭:たい肥=8:1:1で混ぜた土を入れる。
2. 満杯まで7〜8cmを残したところまで土を入れたら、トレリスを配置する。
3. 苗をポットごと置き、植える場所や向きを決める。トマトは花を外側に。
ミニトマトを中心にして、バジルとパセリをバランスよく配置する。
4. ポットから苗を取り出し定植する。トマトはトレリスに沿って伸びるよう、斜めに植える。
5. 全て植え付けたら、鉢底から流れるくらいたっぷりの水をあげて、できあがり。

《 他の2種の組み合わせは、このような配置がオススメ 》

ピーマン、オクラをバランスよく配置したら、葉を伸ばしやすい方向にタイムを植える。少しでも日当たりのよい場所へ。
ミツバは3種類の中でも日当たりが少なくてよいので、シソ、ネギに挟まれて陰になりやすそうな場所へ植える。
植え付けが済んだら、それぞれ最も適した日照の場所へ移動させて、2〜3日に一度は水やりを(夏場は毎日)。食べごろになったらどんどん収穫すると、次が育つ。

たなかやすこ●ガーデニングクリエイター。コンテナを主とした家庭菜園歴25年の実績を活かし、大学の市民講座やワークショップなどで活躍する。『ベランダ寄せ植え菜園』(誠文堂新光社)など、著書多数。

『クロワッサン』974号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。