【買ってよかったもの】バッグをゴソゴソしなくてもスムーズに決済、『Apple Watch』の魅力 | 家電とデジタル | クロワッサン オンライン
くらし

【買ってよかったもの】バッグをゴソゴソしなくてもスムーズに決済、『Apple Watch』の魅力

クロワッサンオンラインのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回はスマートウォッチ、Apple Watchの魅力についてご紹介します。

最近、『Apple Watch着けてますね、使い心地どうですか?』
と、聞かれることが多いので、魅力を語らせてください。

Apple Watchが発売された当初は全く興味がないデバイスでした。着信やメールが手元でわかるのは便利そうだけど、機械に縛られそうで嫌だなぁ……。と思っていたほど。(後に後悔する)

そんなある日、ICカードが入っているパスケースを落としてしまったんですね。結構な金額をチャージしていたので、捜索はしたのですが、見つからず。
今後、ICカードを落とさないようにするためには……とネットサーフィンしていた時、「Apple Watch Series 2」からFelicaチップが搭載されているので、Suicaが使える。という記事。

Suica(機能が搭載されたデバイス)を腕に巻いておけば相当なことがない限り、紛失はしなさそうだ。ということで、衝動的に購入してしまいました。

ベルトはエルメスのドゥーブルトゥールにしました。
アプリをダウンロードすれば、手元でチャージ可能。
Apple Watchの画面。基本的にSuicaで支払うようにセットしておけばボタンを押さなくてもかざすだけで決済完了。
ベルトはエルメスのドゥーブルトゥールにしました。
アプリをダウンロードすれば、手元でチャージ可能。
Apple Watchの画面。基本的にSuicaで支払うようにセットしておけばボタンを押さなくてもかざすだけで決済完了。

使い始めた初日、あまりの便利さに「なぜ私は今までこれを買わなかったのだ……」と後悔しました。
パスケースを持たない生活は本当に便利。バッグの奥底からパスケースをゴソゴソと探すことって、すごくストレスだったんだな…と痛感しました。移動がスムーズにできるだけでこんなに気持ちいい毎日が送れるんだ、と今ではApple Watchを持っていなかった日々を思い出せないほどです。

最近のコンビニは電子マネーが使えるので、飲み物だけパッと買いたい時にも腕をかざすだけで決済完了。スマホのアプリからチャージできるので、改札に寄らなくてもどこでもチャージできます。
Suicaだけでなく、iDやQUICPay(クイックペイ)など、電子マネー機能がついたカードを追加することができるので、Suicaが使えないところでも、ピッと決済。

よく聞かれるのは、
・落としたらどうするの?
→腕からはずすと即座にロックがかかり、パスコードを入れないと起動しません。

・使いすぎない?
→便利だからこそ気をつけるようになりました。iDやQUICPayは明細もチェックできるので、月半ばで「しまった! 使いすぎている!」と気がつくこともできます。

正直、電子マネー周りの便利さだけで、購入をおすすめしたいほど。

その他、よく使っている機能はApple Watchの手元でシャッターを切れることと、ヘルスケアがより細かく見れるようになったことです。

Apple Watchの画面。◎ボタンがシャッターです。
Apple Watchでシャッターを切った写真。大人数で写真を撮る時にとても便利なので、お子さんがいる方にぜひ。
アクティビティという項目が追加され、どれくらいカロリー消費しているかが分かるように。
Apple Watchの画面。◎ボタンがシャッターです。
Apple Watchでシャッターを切った写真。大人数で写真を撮る時にとても便利なので、お子さんがいる方にぜひ。
アクティビティという項目が追加され、どれくらいカロリー消費しているかが分かるように。

ちなみに冒頭で通知が手元で分かるのは機械に縛られているようで嫌だなぁ……と言っていましたが、取材や会議中、ポケットではなくバッグに携帯を入れている時など、すぐに携帯を見れない時に腕をちらっと見るだけで誰からのメッセージがきているのか確認できるので、やっぱり便利だなぁ。とApple Watchにますますハマっていくのでした。(クロワッサン オンライン編集部 ユリ)

ベルトの付け替えも楽しいです。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE