7月28日チケット発売! 伝説の舞台『贋作 桜の森の満開の下』とは? | アートとカルチャー | クロワッサン オンライン
くらし

7月28日チケット発売! 伝説の舞台『贋作 桜の森の満開の下』とは?

平成元年に「劇団 夢の遊民社」によって初演された伝説の舞台が、平成も終わろうとする今年蘇る。いよいよチケット発売が迫ったNODA・MAPの話題の作品、概要編です!
  • 撮影・文:クロワッサンオンライン

『贋作(にせさく) 桜の森の満開の下』は、坂口安吾の「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を主な下敷きに野田秀樹さんが描き下ろした戯曲。1989年に「劇団 夢の遊眠社」によって初演後、1992年、2001年と再演を重ね、2017年には歌舞伎として上演されたほどの野田作品の金字塔です。

野田さんはリリースに寄せたコメントで、本作について「私の中で、もはや古典」とした上で、「『自分を褒めてあげげたくない』気持ちで、この自分の中の古典を、再演しようと思う。すなわち、アラを探し、若い頃の稚拙さと向き合い、挑みかかり、コテンコテンにしてやろうと思っている。」と語っています。

野田さんが「考えうる限り最高のキャスト」と絶賛する出演者は、耳男役に妻夫木聡さん、夜長姫役に深津絵里さん、マナコ役に古田新太さん、オオアマ役に天海祐希さん、早寝姫役に門脇麦さんなど実力派俳優が勢揃い。

女優の天海祐希さんが宝塚退団後初めて男役に挑戦することや、日本を飛び出してパリでも公演することなどがニュースを賑わせている話題の舞台。チケット発売を前に、この春行われた制作発表記者会見の模様も今後続けてレポートしていきます。お楽しみに!

「贋作 桜の森の満開の下」制作発表会見ハイライト動画

【スケジュール】
・東京公演:東京芸術劇場プレイハウス
2018年9月1日(土)〜 9月12日(水) 2018年11月3日(土・祝)〜 11月25日(日)
・大阪公演:新歌舞伎座
2018年10月13日(土)〜 10月21日(日)
・北九州公演:北九州芸術劇場 大ホール
2018年10月25日(木)〜 10月29日(月)
※9月28日〜10月3日には、「ジャポニスム2018公式企画」としてパリの国立シャイヨー劇場で公演

【料金】(全席指定・税込)
S席 10,000円 A席 8,000円 サイドシート 5,500円※
※25歳以下の方は、サイドシート3,000円にて購入可能(入場時要身分証)。

7月28日、日本公演チケット全国一斉発売。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE