くらし

【川津幸子さんのレシピ】難しそうなお菓子だって100文字で。気軽にとりかかれます。

100文字レシピでつくるおやつ4品のレシピを川津幸子さんに教えてもらいました。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・綾部恵美子

桃のクラフティ

冷めてもおいしいフランスの伝統的なお菓子。
缶詰の桃が甘いので砂糖は控えめにしました。
粉も少なめにして軽い仕上がりに。

耐熱容器にバターを塗り、薄切りにした桃(缶詰)250gを並べる。卵2個を溶き、砂糖80g、生クリーム・牛乳各1/2カップ、ふるった小麦粉大さじ2、バニラエッセンス少々を順に混ぜて流し、180℃のオーブンで25分焼く。

白桃と黄桃、2種類使うと見た目も華やか。そっと生地を流す。

円盤ビスケット

アーモンドの風味が香ばしい、大きなビスケット。
砕いて割りながら食べると楽しいです。
余熱でも火が通るので、焼く時間は微調整を。

柔らかくしたバター80g、砂糖70gを泡立て器で混ぜ、薄力粉100g、片栗粉15g、アーモンド粉40gを合わせてふるい入れ、握りながら混ぜて直径21cmの型に広げる。表面をフォークでつつき、180℃のオーブンで25分焼く。

サクッと仕上がるよう、練らないこと。粉っ気がなくなればよい。
手でラフに広げていく。型なしでオーブンシートに丸く広げてもいい。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE