くらし

奥多摩、都心。深呼吸したくなる東京の緑の名所。

東京の魅力は緑豊かな場所も多いこと。いま訪れたい自然豊かな場所とおすすめの過ごし方を、ガーデナーの川瀬康子さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ、青木和義 文・一澤ひらり

[青梅市]清流ガーデン 澤乃井園

●澄んだ空気と清らかな川の流れと。懐深い奥多摩の緑に抱かれて。

都心から電車で1時間半あまり。東京・奥多摩にある小澤酒造の「清流ガーデン 澤乃井園」を四季折々に訪ねるのが楽しみだという川原真由美さん。

「澤乃井園」脇の渓流沿いには『カフェ雫』が昨年11月オープン。
甘酸っぱくて爽やかな特製青梅ソーダ500円。

「緑豊かな多摩川の渓流沿いに広がる庭園で、とにかくロケーションがすばらしい。
園内ではテラス席で軽食が食べられるし、湧水で仕込んだ日本酒も飲めて、敷地内には会席料理の『ままごと屋』もあります。
しかも御岳渓谷遊歩道につながっているので、散策には絶好の場所。錦秋が本当に美しいです」

『ままごと屋』のままごとコース3,400円の旬菜かご盛り。ほかに汲み上げ湯葉や奥多摩山女のお造り、デザートなどもつく。

●清流ガーデン 澤乃井園
東京都青梅市沢井2・770 
TEL.0428・78・8210 
営業時間:10時~17時(軽食は11時~16時) 
入場無料 

●ままごと屋
TEL.0428・78・9523 
営業時間:11時~17時(最終受付15時) 月曜休(祝日の場合は翌火曜休)・金曜休(祝日と11月は営業)
予約制。東京の銘酒「澤乃井」の蔵元である小澤酒造の敷地内にあり、きき酒処もある。JR青梅線「沢井駅」下車、徒歩5分。

[大手町]ザ・カフェ by アマン

●ビジネス街の中心で育つ森を眺め、しばしのリフレッシュを。

「ここは森のカフェ? と錯覚を起こすような緑豊かな空間。オフィス街の真ん中にあるとは思えません。森がこれからさらに成長していく姿を追うのも楽しみ」(川瀬さん)。

全面のガラス窓が森に臨む。

千代田区大手町の高層ビル「大手町タワー」、その敷地内に約3600㎡の森を再現した「大手町の森プロジェクト」。

国産牛ロースのグリル、季節野菜添え。平木正和シェフによる洗練された欧州料理。

千葉県君津市の山林で3年の検証期間をかけて約100種類・200本の植物を育成し、1.6平方メートルの深さの土ごと移植したそう。その森の中に佇む一軒家カフェ。喧騒から隔たれて、旬の食材を使ったシェフこだわりのランチを味わいたい。

海老とマッシュルームのシーザーサラダ。アンチョビを練りこんだパイとベーコンの風味を移したエスプーマ(泡)に技が光る。

●ザ・カフェ by アマン
東京都千代田区大手町1・5・6 大手町タワー 
TEL.03・5224・3339 
営業時間:11時〜19時 無休 
予約可。ランチコース4,934円(税・サ込み、11時〜14時)〜。

川瀬康子

川瀬康子 さん (かわせ・やすこ)

ガーデナー

一級建築士。今回紹介したほかに、池袋西武の屋上庭園も「睡蓮の池や周りの植栽の豊かさが魅力です」。

『クロワッサン』1079号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。