くらし

石垣島3泊4日、ツレヅレハナコさんの食い道楽の旅プラン。

旅好きのツレヅレハナコさんのお気に入りを公開。
  • イラストレーション・山手澄香

「石垣島3泊4日を友人に勧めるならこんなプランかな、と考えたんです」

以前、石垣島で運転免許を取るため2カ月滞在し、島じゅうを食べ歩いたというツレヅレハナコさん。

「沖縄料理の定番も、着いた初日は食べたいけれど、大人の旅なら、土地の食材を生かした現地ならではのおいしいものを食べたいですよね」

2日目には、竹富島を日帰りで楽しむのもおすすめ。ガイドブックには載っていない美食旅を紹介します。

昼過ぎ石垣島着【Day 1】

(石垣市 夜)島の食べものや南風(パイカジ)

●初日はここで! 島料理とオリオンビールで乾杯。

1人でも入りやすい島料理がメインの気軽な居酒屋。まずは、島豆腐のにんにくじょうゆ、ゴーヤーチャンプルーなど、沖縄料理を味わいたい。

沖縄県石垣市大川219 
TEL.0980・82・6027 
営業時間:16時〜22時 日曜休

フェリーで竹富島へ【Day 2】

(竹富町 昼)そば処 竹乃子

●薪でスープを炊いている島の老舗そば屋。

豚の骨つき肉がおいしい、ソーキそばならここ。ピィヤーシという香辛料をかけて食べて。じゅーしー(炊き込みご飯)とのセットもおすすめ。

沖縄県八重山郡竹富町竹富101・1
TEL.0980・85・2251
営業時間:10時30分〜15時30分、19時〜21時 不定休

夕方中に石垣へ戻る

(石垣市 夜)rokusyo.

●隠れ家的、島のフレンチ。シャルキュトリーも魅力。

沖縄らしいミミガーを使ったテリーヌやアグー豚のハム、島の野菜のローストなど、石垣の地元の味をフレンチに昇華したレベルの高い人気店。

沖縄県石垣市字大川289 2F 
TEL.0980・87・7777 
営業時間:18時〜23時(22時LO) 日曜休

(石垣市 バー)BARNOBU

●クールなバーで島の果物を使ったカクテルを満喫。

ドラゴンフルーツを使ったBAR NOBU スペシャルミックスやゴーヤのネグローニなども。地元の果物の贅沢なカクテルはどれにするか毎回迷う!

沖縄県石垣市美崎町12・8 TOMOビル1F 
TEL.0980・83・3494 
営業時間:19時〜24時(23時30分LO) 日曜休

朝から石垣を満喫【Day 3】

(石垣市 朝)とうふの比嘉

●この店のためだけに石垣に行きたくなる最高のゆし豆腐。

温かいまま食べる、沖縄ならではのゆし豆腐。早朝からで売り切れ御免。ご飯と漬物、豆乳付きのゆし豆腐セットがおすすめ。朝から行列必至の人気店。

沖縄県石垣市石垣570 
TEL.0980・82・4806 
営業時間:6時30分〜15時(売り切れ次第終了) 日曜休

(石垣島 昼)プラウ

●石垣島産の魚を使った本格スリランカカレー。

スリランカ人シェフが作る本格カレーは、豆、野菜、魚、チキンの4種。石垣食材とカレーは相性抜群! アジアンテイストでまとめた空間も魅力。

沖縄県石垣市真栄里186・13 Blue ocean 105 
TEL.0980・87・7818 
営業時間:11時〜15時(14時LO)、18時〜23時(22時LO)*月曜は昼のみ 火曜休

(石垣島 夜)宿泊先でバーベキュー

●最後の日の夜は島の食材を買い込んでバーベキューを。

外食で疲れたら、民泊サービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」を利用して、JAおきなわ『ゆらてぃく市場』の食材でバーベキューを。ハンモックがあるテラスなどで、プライベート感も楽しめる。

Airbnbは、https://www.airbnb.jpで予約可能。
『ゆらてぃく市場』 沖縄県石垣市新栄町1・2 
TEL.0980・88・5300

レンタカーで郊外へ【Day 4】

(石垣市 昼)パーラー ぱぱ屋

●島フルーツのフローズンジュースで喉を潤して。

地元で採れたフルーツに搾りたてさとうきび汁を加えた贅沢なフローズンジュース。マンゴー、ドラゴンフルーツ、パインなど、南国の味を満喫できる。

沖縄県石垣市桴海491 
TEL.0980・88・2583 
営業時間:8時30分〜18時 水曜休

(石垣市 夜)ForestaleUno(フォレスターレ ウーノ)

●森の中の秘密のレストラン。ガジュマルの木に癒やされて。

豆腐ようや島らっきょうを使ったパスタ(季節により変更)など、島食材のイタリアン。漆作家である、シェフの妻の器と料理のコーディネートも素敵。漆ギャラリー併設。

沖縄県石垣市野底703・1 
TEL.0980・89・2670 
営業時間:11時30分〜14時15分LO、17時30分〜20時15分LO(早じまいあり) 月・第2・4火曜休、日曜夜休

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコ さん

編集者

食と酒と旅を愛し、定期的に離島や地方を訪れて土地の食を満喫、追求。著書に『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』『食いしん坊な台所』など多数。

『クロワッサン』1077号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。