くらし

食欲がなくても美味しく食べられる、3つの家ゼリーレシピ記事。

秋の気配を感じるようになったとはいえ、まだまだ厳しい残暑が続きます。そんな時にスルッと食べられるゼリーで元気をチャージしましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.はちみつ寒天ゼリー。

植物性の寒天で作るゼリーはふるふるとやわらか! そのコツはワインにあり。寒天くささも取れます。色とりどりのフルーツを入れて、見た目も楽しくしましょう。

⇒詳細はこちら

2.キャラウェイ黒糖シロップとカモミールゼリー。

なじみのあるおやつにスパイスを加えれば、新しい魅力のある味わいに。海藻由来のアガーゼリーはぷるんと瑞々しい仕上がりになります。

⇒詳細はこちら

3.コーヒーゼリー。

濃いコーヒーを丁寧に淹れるのが、美味しいコーヒーゼリーを作るコツ。ホイップクリームや、メープルシロップをかけても!

⇒詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。