くらし

夏野菜たっぷり、白米が進む! インゲンとナスとじゃがいもの旨辛炒め【ヒャダインの台所 Vol.113】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は旬のインゲンを使った白米が進む炒めものを紹介してもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のテーマがインゲン、とのことで、うちの近所のスーパーがいつもインゲン安いのでしょっちゅう買ってます。いつもはシリコンスチーマーで茹でて、すりごまと醤油で和えただけのやつを常備菜として冷蔵庫に置いているのですが、今回はもっと凝ったメニューをご紹介することに。

といってもベタな野菜炒めなのですがインゲンって結構味の主張が強いので味噌とかコチュジャンくらいの強気な味付けが似合うんですよね。冷蔵庫にナスとじゃがいもが余っていたのでぶっこんだら一気にゴージャスになりました。で。肉をどうしようっかなあと考えたんですがあっさりいきたいなと思い鶏ひき肉にすることに。胸肉のひき肉で脂肪分抑えめで作ることができました。ごま油も使うし砂糖も使うのでちょうどいい。インゲンとじゃがいもがシャキシャキの食感で食べていて楽しい! 白米バクバクいけちゃう系です。

火を通し過ぎたらインゲンもじゃがいもも柔らかくなってしまうので火加減だけは注意ですねえ。いやー味噌って最強。

【インゲンとナスとじゃがいもの旨辛炒めのヒャダイン流レシピ】

材料
じゃがいも 小2こ
インゲン 10本
なす 小2個
鶏ひき肉 200g
ごま油 適量
ニンニク ひとかけ

※たれ
コチュジャン 小さじ1
みそ 大さじ1.5
中華だし 小さじ1/2
酒 砂糖 大さじ1

作り方
1. じゃがいもの皮をむいて短冊切りにする。
2. インゲンは頭と尻尾を軽く切って3等分、ナスは1センチ幅の半月切りに。
3. フライパンにごま油をひいて、みじんぎりしたにんにくを弱火で炒める。
4. 香りが出てきたら野菜をひき肉を切るように炒めて、色が変わったら野菜を入れる。
5. 油が回ったと感じたらあらかじめ混ぜておいたたれを回し入れて炒める。
6. なすがしなっとしてきたらできあがり!(じゃがいもは少し硬いくらいでOK)

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。