くらし

喉ごしよく、驚きの美味しさ。モロヘイヤとスイカのスープ【有賀薫さんのレシピ】

食の細りがちな季節にもするりといただける、飲むサラダ=野菜たっぷりスープを食卓に。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・矢口紀子
モロヘイヤは葉を摘んで粗く刻む。

「偶然レストランで出合い、美味しさに感動して再現したレシピ」。モロヘイヤの個性的な香りをスイカの甘みが包み込む。つるりと喉ごしもよいので、真夏にぜひ試してみて。

【材料(2人分)】
モロヘイヤ 1束
スイカ100g(正味)
コンソメキューブ 1/2個
塩 小さじ1/3

【作り方】
1.モロヘイヤは葉を摘んで粗く刻む。スイカは8mm~1cmのさいの目切りにする。
2.鍋に水400ml、塩、コンソメキューブを入れて煮溶かす。沸騰したらモロヘイヤの葉を入れ、1分ほど煮て火を止め、粗熱を取る。
3.スイカを加えてよく冷やす。

有賀 薫

有賀 薫 さん (ありが・かおる)

スープ作家

2011年から10年間、3000日以上毎朝スープを作り、スープのレシピ本は10冊にのぼる。近著『こうして私は料理が得意になってしまった』。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。