くらし

かぼちゃの優しい甘さ。夏のミネストローネ【有賀薫さんのレシピ】

食の細りがちな季節にもするりといただける、飲むサラダ=野菜たっぷりスープを食卓に。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・矢口紀子

色鮮やかな夏野菜がたっぷり。野菜に塩を加えながら炒めることで、しっかり味が入る。かぼちゃを入れたらあまり混ぜないようにするときれいな仕上がりに。

【材料(2人分)】
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
なす 1本
ズッキーニ 1/2本
プチトマト 8個
冷凍かぼちゃ 2切れ(60g)
ベーコン 1枚(20g)
塩 小さじ2/3
オリーブオイル 大さじ2

【作り方】
1.玉ねぎ、なす、ズッキーニは1cm角に切る。にんにくはつぶす。プチトマトは半割りにする。冷凍かぼちゃは半解凍して小さく切る。ベーコンは1cm幅に切る。
2.鍋ににんにく、玉ねぎ、塩ひとつまみとオリーブオイル大さじ1を入れて弱火で加熱する。香りが出たら、なす、ズッキーニ、プチトマトの順で、残りの塩とオリーブオイルを少しずつ加えながら炒める。ここで分量の塩は全部入れる。
3.野菜にある程度火が入ったら、水をひたひたに加え、かぼちゃとベーコンを加えて20分ほど煮込む。全ての野菜が柔らかくなったら水を少し足して味を見て、塩(分量外)で調える。

有賀 薫

有賀 薫 さん (ありが・かおる)

スープ作家

2011年から10年間、3000日以上毎朝スープを作り、スープのレシピ本は10冊にのぼる。近著『こうして私は料理が得意になってしまった』。

『クロワッサン』1071号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。