くらし

母の知恵が詰まった、きゅうりとなすと豚肉の煮物【ヒャダインの台所 Vol.111】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は夏の野菜の代名詞のひとつであるきゅうり。安売りするとついつい多く買いすぎてしまうことも。そんな時におすすめのレシピを教わりました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

うちの実家が家庭菜園をかれこれ40年くらいやっておりまして、どでかいきゅうりが結構な量送られてくるんです。実家に住んでいた時もきゅうりまみれだったのでサラダで食べるには追いつかず、よく母が煮物にしていて、今回はそれをヒントにきゅうりとなすの煮物を作ってみました。

味付けはシンプルにしょうゆとだし。これ、めんつゆだけでも代用できるな、と感じました。あと味噌ね。肝心の味なのですがきゅうりがじゅわっと水分を放ってくれるので独特の美味しさがあります。
きゅうり特有の青臭さは強調されるのでアンチきゅうりの方々には難しいかもしれませんが、瓜としてのきゅうりのポテンシャルを信じたい方はぜひトライしてみてください。とはいえ、なすもきゅうりも成分のほとんどが水分。全然栄養がない野菜なんですよね! てことはこの煮物、ほぼ豚肉と水分。ヘルシーに見えて実は「無」。
まあ、食事の目的は栄養だけじゃないですし! 夏を感じる煮物ってことで。

【きゅうりとなすと豚肉の煮物のヒャダイン流レシピ】

材料
きゅうり 太め2本
なす 2個
豚肉 300g
油揚げ 1枚
しょうが ひとかけ

みりん 酒 しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
だしパック 2つ
水 3カップ

作り方
1. 鍋に油をしかず豚肉を炒めて色が変わったら取り出しておく。
2. 同じ鍋に水、だしパックを入れて沸騰させてだしが出たらパックを取り出す。
3. みりん、酒、しょうゆ砂糖を入れて沸騰させる。
4. きゅうりとなすを少し大きめに切り油揚げは正方形に大きめに切る。
5. しょうがは適当に薄切りにしておく。
6. 沸騰させた鍋に豚肉と野菜と油揚げを入れて落し蓋をして中弱火で30分ほど煮る。
7. きゅうりに味がしみた感が出たら出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。