くらし

50度洗いで砂抜きも速攻! 旨みたっぷりハマグリのガーリックバター風【ヒャダインの台所 Vol.95】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は春が旬の二枚貝を使ったレシピをリクエストしました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のお題が二枚貝、てことでハマグリをチョイス。正直に言うと最初は省エネでアサリ剥き身の缶詰を使ったガーリックバター炒めを作ったんですけど、うーん。やはり缶詰。従来の旨味が足りない気がする。このレシピをお出しするわけにはいかない、と、作り直し! ハマグリの砂抜きから始めました。

本来なら長時間かけて砂を吐かせねばいかんのですが、すぐ食べたかったので50度洗い。速攻で助かります。しかしハマグリもビックリしますよね。いきなり50度のお湯をぶっかけられて。そりゃ貝から這い出てくるわ。熱湯コマーシャルじゃないんだから。

今回調理で気をつけたのは、旨味の詰まったスープを逃がさないこと。ハマグリの魅力はやはり白濁したスープ。これが旨味たっぷりで最高なんですね! これをエスカルゴバター風に食べるとジューシーかつ香り高くてワインが進む進む! 私、調理用に使ったワインの残り、全部飲んじゃいました。テーブルも華やかになりますよ!ぜひ!

【ハマグリのガーリックバター風のヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

ハマグリ 4個
バター 16g
にんにく ヒトカケ
ハーブ(お好みで、今回はオレガノ使いました) 適量
白ワイン 大さじ1

作り方

1.ハマグリを50度洗いする。
パッドにハマグリを並べて50度のお湯を浸るくらいにかけて5分置くと、貝からドロっと中身が這い出てくるのでその勢いで砂も抜けるようです。
2.バターを少し温めて緩くしたら、すりおろしたニンニクを入れてソースを作る。
3.鍋にワイン大さじ1を入れてハマグリを放り込み、蓋をして貝が空いたらすぐ取り出す(汁が出過ぎないように!)
4.貝を半分取ってガーリックバターを載せてオーブンで2分ほど焼く。
5.ハーブをふりかけて、3で出た汁もかけたらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。