くらし

餃子の皮で包んで焼くだけ、牡蠣と大葉の焼き餃子【渡辺有子さんのレシピ】

牡蠣は好きだけど食べ方がいつも一辺倒……そう思う人にぜひ作っていただきたい、旨味を味わうレシピです。
  • 撮影・奥村恵子 スタイリング・佐々木カナコ 文・板倉みきこ

牡蠣と大葉の焼き餃子

牡蠣丸ごと1個を餃子の皮で包む。はみ出す場合は適宜切る。

プリプリの牡蠣を餃子の皮で包んで焼くだけ。辛味やコクがあるたれと好相性で、お酒のつまみにもなる一品。

【材料(2人分)】
牡蠣(下処理済み)6個
大葉 6枚
餃子の皮 6枚
油 小さじ2
ごま油 小さじ1/2
たれ[オイスターソース 小さじ2 黒こしょう 小さじ1/3 コチュジャン 小さじ2 レモン汁 小さじ1]

【作り方】
1.餃子の皮に大葉を置いて牡蠣をのせ、周りに水をつけて包む。
2.小さめのフライパンに油を熱して餃子を並べ、強火にかける。熱湯50ml(餃子の高さの1/4程度が目安)を餃子の上からかけ、蓋をして水分がなくなるまで火を通す。
3. ごま油を鍋肌から入れ、餃子の底面に焼き目をつける。オイスターソースと黒こしょう、コチュジャンとレモン汁をそれぞれ混ぜたたれを添える。

牡蠣の下処理方法

牡蠣の汚れを取る塩(6個で小さじ半量)をまぶす。
片栗粉(大さじ1/2)と水を加えて優しくもみ洗う。
ペーパーの上に30分ほど置き、水気をしっかり取る。

食材の新たな魅力を探求し、これまでにない調理法を発見するのが料理研究家の仕事の醍醐味。でも、牡蠣はできるだけそのものの味を生かしたい食材、と渡辺有子さん。

「ミネラル豊富で滋味たっぷり。牡蠣の濃厚な味わいを生かすには、火を入れすぎないこと、味付けで加工しすぎないことが大事です」

余分な水分をしっかり取ってから調理すると、プリッとした食感が維持でき、旨味が凝縮される。

「今回紹介したレシピの味付けはシンプル。産地によって味の個性が異なる牡蠣の魅力を、食べ比べて楽しんでください」

渡辺有子

渡辺有子 さん (わたなべ・ゆうこ)

料理研究家

アトリエ「FOOD FOR THOUGHT」を主宰し、食にまつわるイベント等を開催。東京・代々木上原と西荻窪にはショップも。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。