くらし

サンシャイン池崎さん「元・保護猫の2匹が、僕の人生に幸運を運んでくれました。」

保護した犬や猫の新たな飼い主を見つけるために奔走している人たちがいます。見えてきたのは、今ある命をもっと大切にしようということ。
  • 撮影・中村ナリコ イラストレーション・オカタオカ 文・篠崎恵美子
お笑い芸人・サンシャイン池崎さん

小さな頃から猫好きで、いつか経済的な余裕ができたら猫と暮らそうと考えていたサンシャイン池崎さん。

「鹿児島の実家は、屋根裏に野良猫がいるような家だったので、雑種の猫が好きです。ペットショップで買うということは、まったく考えませんでした」

友人の市岡元気さん(サイエンスアーティスト)に猫と暮らしたいと相談したら、保護猫のNPO法人「猫の森」を紹介された。

「保護団体に行くのは初めてでした。団体といっても普通の一戸建てのきれいな家で、ちょうど子猫がたくさんいたんですよ」

すっかりもらう気になり、後日送られてきた写真を見て雷神(らいちゃん)に一目惚れ。実際に会いに行ったら、らいちゃんとは別の親猫から生まれた風神(ふうちゃん)がトコトコと歩き回っていて、この子もかわいいなと。

らいちゃん(左・オス、3歳)は甘えん坊だが、ふうちゃん(メス、3歳)はツンデレ。

「2匹ともどうですか? とすすめられて決めました。いやぁ、2匹同時にもらって本当によかったです」

池崎さんが留守にしている間も2匹で遊んでいるし、互いにじゃれあうことで噛む加減がわかったのか、人を噛まない猫に育った。

2匹との縁をきっかけに池崎さんは猫の森の「保護猫の預かりボランティア」も経験。人間に懐いていない猫を少しでも慣れさせるために、一定期間自宅で預かるというものだ。もちろんお世話も慣れたもの。

「猫と暮らしてから生活が明るくなりましたね。おかげさまで仕事も順調で(笑)。いろんな猫が保護されているので、保護団体を訪ねてみると思わぬ出会いがあるかもしれません」

「僕のSNSを見て、保護猫をもらった、という声を聞くと、あぁよかったなと思います」
サンシャイン池崎

サンシャイン池崎 さん (サンシャイン・いけざき)

お笑い芸人

1981年、鹿児島県生まれ。人気YouTube「ふうちゃんらいちゃんねる」の収益金の経費を除く全額を「猫の森」に寄付したことも。

『クロワッサン』1056号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。