くらし

疲れた胃に優しい、ミルクオニオンスープ【ヒャダインの台所 Vol.87】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は暴飲暴食続きの年始におすすめ、さらに牛乳をたっぷり使うスープを教わりました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。年末年始は飲み会やら休みによる暴飲暴食やらで胃が疲れますよね。
てことで今回は胃に優しめなレシピ、そして最近「牛乳の大量廃棄」が問題になっていてガンガン牛乳を使っていきたいなあと思いましてミルクスープを作ることにしました。

シチューとなるとちょっと重めじゃないですか。カロリーも気になっちゃうし。それよりももっとライトに楽しめるミルクベースのスープを作りました。基本的な作り方はクリームシチューと一緒なんですが、小麦粉とかバターとかは遠慮していただきました。味付けもシンプルにコンソメと塩のみ。ポイントはミルクを煮込まないこと。沸騰したら止めるくらいの勢い。ミルクのさらさら感を大切にしてくださいね。

食べた感想ですが体の奥からぽっかぽかです。さらにオニオンもドロドロにしていないので食べごたえもあります。オニオンって胃がすっきりしません? 飽きたらリゾットにしてもいいかもしれませんねえ。

【ミルクオニオンスープのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>
牛乳 1本
鶏もも肉 350g
玉ねぎ 3つ
にんじん 半分
コンソメ 2本
塩 3つまみ
サラダ油 少々

作り方
1. にんじんは半分を乱切りにして、レンジで2分ほどチンして柔らかくしておく。
2. 鍋にサラダ油をしいて、千切りにした玉ねぎをドカンと炒める。
3. ドロっとなりすぎず、若干きつね色になったあたりで、食べやすい大きさに切ったもも肉を炒め入れる。
4. 肉の色が変わってきたら、にんじんも入れて炒める。
5. 牛乳とコンソメ、塩を入れて沸騰させたら火を止めてできあがり!(ドロドロさせないようにしましょう)

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。