くらし

はちみつの甘みが肝。おもてなし料理に牛肉のビール煮【ヒャダインの台所 Vol.84】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は誰かにおもてなしするときに作れる肉料理をリクエストしました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。今回のテーマが友達をもてなす豪華肉料理、とのことですが、いつも地味な料理しか振る舞わないので豪華肉料理何にしよっかな、と考えた時、手元にキリン一番搾りが。
そうだ。ビール煮を作ろう! 昔スペアリブを作ったことがあるんで今回はシチュー用の牛肉でトライ。
鍋の中に豪快にビールを入れる瞬間、結構爽快ですよ。

しかし途中で味見をしてたら「苦い・・・」これは大丈夫なのか!? 緊急登板ではちみつを大さじ2投入。さらにこしょうとオレガノを強めに入れたらまとまった! コトコトと45分くらい煮て汁がとろりとしてきたら出来上がり!

試食したら肉が柔らかくなってて美味いですねー。後味がちょっとビール特有の苦味があるので大人向けですね。緊急登板したはちみつがまろやかにしてくれて味が成立しています。危なかったー。肉多めに作ったのですがタイミングで友達呼べないので全部自分で食べました。もてなし豪華肉料理とは。うーん。

【牛肉のビール煮のヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

牛もも肉(シチュー用) 600g
玉ねぎ 1こ
人参 1/2こ
缶ビール 2本
塩 3つまみ
こしょう 適量
オレガノ 適量
はちみつ 大さじ2
薄力粉 適量
サラダ油 適量
野菜コンソメ顆粒 2包

作り方
1. もも肉を食べやすい大きさに切り、パッドに並べて塩コショウ、薄力粉をまぶす。
2. フライパンで肉をこんがりと焼く。
3. 違う鍋にサラダ油をひいて薄切りにした玉ねぎを半分飴色になるくらいまで弱火で炒める。
4. こんがりと焼いた肉を玉ねぎの中に入れて、さらに乱切りした人参も入れて軽く炒める。
5. 缶ビール2本を鍋に入れて、コンソメ、塩、はちみつ、こしょう、オレガノを入れてアクを取りながら中火で45分ほど煮る。
6. 汁がトロリとしてきたら出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が発売中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。