くらし

なすの納豆肉味噌【関好江さんの金運を上げるレシピ】

食べると運気が上がると評判の、漫才師、関好江さんの開運飯。
今回は金運をアップさせる食材をふんだんに組み合わせた、旬のごはんをご紹介。
  • 撮影・小川朋央 スタイリング・渡邊美穂 器協力・UTUWA(TEL.03・6447・0070)

なすの納豆肉味噌

「納豆は免疫力をアップしてくれるパワー食材」。納豆の酵素は熱に弱いものの、納豆菌や栄養は変わらず。ピリ辛の肉味噌に仕上げて、とろりとした食感のなすと一緒に。

【材料(作りやすい分量)】
なす2本
牛挽き肉100g
納豆1パック
ねぎ1/3本
生姜1かけ
豆板醤小さじ1
A[鶏ガラスープのもと小さじ1 酒大さじ2 醤油小さじ2 赤味噌(八丁味噌)小さじ1 みりん大さじ1]
大葉適量
ごま油・油各少々

【作り方】
1.フライパンにごま油少々をひき、豆板醤、みじん切りにした生姜とねぎを炒める。
2.牛挽き肉と納豆を加え、肉の色が変わったら合わせておいたAを入れ、水分を飛ばしながら炒める。
3.なすを厚めの輪切りにし、油少々をひいたフライパンで両面を焼く。
4.3を器に盛って2をのせ、千切りにした大葉を散らす。

金運アップ食材

牛肉
なす

「今年の干支である牛も、財の象徴。2021年の主役フードでもあり、神様の使いとされ心願成就の縁起物と言われています。なすは“ことをなす”にかけて、目標達成や、こちらも心願成就を表す食材。花が咲けばだいたい実がなることから、結実力の強さで成功運を上げることにも繋がります」

栄養も運気もバランスが大事!

「もともと、おばあちゃんが語るような民間伝承が好きで、自分で作った料理を出すときに一言添えていたんです。タレントの藤井隆さんが舞台で膝を痛めてしまったときにも、『昔から悪いところのものを食べるといいと言われているから』と、膝軟骨入りのつくねを差し入れしたんです。そのとき『これはいい話だからもっと広めたほうがいいよ』と言われて」

以来、五行説や栄養について勉強を重ね、運気も栄養も全てがつながっていてバランスが大切なんだと痛感したという、関好江さん。その後、関さんの料理を食べた芸人さんが結婚したり漫才大会で優勝するなど『運気が上がる!』と評判に。

関 好江

関 好江 さん (せき・よしえ)

漫才師

お笑いコンビ「ボルサリーノ」として活躍しながら、開運レシピをテレビ番組などで披露。著書に『食べると人生が変わる! 開運飯』(小社刊)など。

『クロワッサン』1048号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。