くらし

【ぐっち夫婦のおつまみリレー】焼きパプリカのラタトゥイユ×白ワイン

インスタグラムのフォロワー数70万人超えの大人気料理家ユニット・ぐっち夫婦の連載がスタート!夫のTatsuyaさんと妻のSHINOさんが交互にレシピを考案、お酒の紹介も必見です。
  • 撮影・ぐっち夫婦

こんにちは! 夫婦で料理家をしているぐっち夫婦です。「日々の暮らしを楽しく美味しく。ちょっとおしゃれに。」をモットーに旬の食材を取り入れた料理をお伝えしています。

今回は夫Tatsuyaのおつまみをご紹介! 大きめにカットしてじっくりと焼いたパプリカが主役のラタトゥイユ。焦げ目がつく程度に焼いてから煮込んだパプリカの甘みがたまらない一品です。トマトの酸味は白ワインにもぴったり。

【Tatsuyaレシピ】焼きパプリカのラタトゥイユ

【材料(2人分)】

・パプリカ(赤)…1個
・パプリカ(黃)…1個
・ベーコン厚切り(ハーフ)…2枚
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく…1片
・トマト缶(ホール)…1缶
・コンソメ…1個
・砂糖…小さじ1/2
・塩・こしょう…各少々
・粗びき黒こしょう…少々
・オリーブオイル…大さじ2

【つくり方】

(1)パプリカはヘタと種を取り、縦に8等分に切る。玉ねぎは粗めのみじん切り、ベーコンは2cm幅に切る。にんにくはみじん切りにする。
(2)フライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で熱し、パプリカを焼いて、焼き色がついたら一度取り出す。
(3)(2)のフライパンにオリーブオイル大さじ1をひいて、にんにくを弱火で熱する。玉ねぎを炒め、しんなりしてきたらベーコン、(2)のパプリカを加えて炒める。
(4)トマト缶、コンソメ、砂糖を入れて中火で10分ほど煮込み、塩・こしょうで味を調える。 
(5)粗熱が取れるまで冷まし、器に盛り粗びき黒こしょうを振る。

<今夜の1杯・白ワイン>

今回ご紹介するのは、ニュージーランドの白ワイン、ヴィラ・マリア プライベート・ビン ソーヴィニヨン・ブラン。ハーブやパッションフルーツ、メロンなどの香りがあふれる、果実味が爽やかな飲みやすい白ワインです。

パプリカの甘みにトマトの酸味とバランスがとれたおいしさ。家でのんびり楽しむ時間におすすめしたいワインです。

では、また次回お会いしましょう!

ぐっち夫婦

ぐっち夫婦 (ぐっちふうふ)

Tatsuya(夫)、SHINO(妻)による料理家ユニット。SNS、雑誌などを中心に幅広く活動中。著書に『夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん』(KADOKAWA)『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社)がある。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。