くらし

野菜を存分にいただける主菜。揚げ魚の野菜生姜あんかけ【今井亮さんのレシピ】

時間がなくても、本格的な中華鍋がなくたって、大丈夫。誰にでも簡単に作れて、間違いなく美味しい料理が食べたい。
そんな気持ちを満たす「家中華」のレシピを料理家の今井亮さんに教わります。
  • 撮影・合田昌弘 スタイリング・渡邊美穂 文・板倉みきこ 撮影協力・UTUWA

【材料(2人分)】
鮭の切り身2切れ
玉ねぎ1/2個
にんじん1/6本
ピーマン1個
塩、こしょう各少々
薄力粉大さじ2
サラダ油大さじ4

A おろし生姜1かけ分
 水1カップ
 片栗粉小さじ2
 しょうゆ大さじ1
 みりん大さじ1
 鶏がらスープの素小さじ1

【作り方】
1.
玉ねぎは薄切り、にんじん、ピーマンは2mm幅の細切りにする。鮭は1切れを4等分に切り、塩、こしょう、薄力粉をまぶす。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、皮目を下にして鮭を入れ、返しながら3分ほど揚げ焼きにし、取り出して器に盛る。
3.フライパンの油を大さじ1程度残してさっと拭き、玉ねぎ、にんじん、ピーマンを1分炒める。Aを加えて混ぜながらとろみをつけ、沸騰したら2にかける。

魚はぶり、たら、鯛でもいいし、唐揚げ肉でも美味。あんかけ野菜には、もやしやキノコも合う。

ポイント

1.薄力粉は多めにつけてから叩いたほうが、まんべんなく全体につく。
2.油が少量なので、上下の火の通りの差をなくすよう何度か返す。
3.鮭の旨味が出た油で、野菜のパリパリ食感が残るようサッと炒める。
今井 亮

今井 亮 さん (いまい・りょう)

料理家

京都の老舗中華料理店で修業を積み、料理家のアシスタントを経て独立。雑誌やウェブなど幅広く活躍。著書に『美酒佳肴 中華つまみ』(成美堂出版)など。

『クロワッサン』1031号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。