くらし

旬を味わう、白菜と豚肉の生姜塩麹鍋。【藤井恵さんのレシピ】

「食事は自宅で」が基本のこの冬、食事作りの負担感を軽くする工夫が必要です。家族を盛り上げる華やぎや味のこだわりには手を抜かず、こっそりラクする方法を考えました。
  • 撮影・福岡 拓 スタイリング・荻野玲子 文・板倉みきこ

冬野菜を食べきる鍋

この時季最も美味しくなる野菜、白菜をとことんいただく。
鍋だけでなく副菜にも使って、旬の味わいを存分に堪能しよう。

白菜と豚肉の生姜塩麹鍋

白菜の葉の間に肉を入れることで、白菜と肉の火の入り方が均一になる。鍋の深さに合わせて、肉を挟んだ白菜を隙間なくぎっしり詰めるのがポイント。

【材料(2人分)】
白菜1kg
豚ロース肉しゃぶしゃぶ用200g
生姜の細切り1かけ分
A[塩麹大さじ3 生姜すりおろし1かけ分 酒大さじ2]

【作り方】
1.豚肉にAをまぶし、3等分しておく。
2.白菜は外側から1枚ずつ葉を外して均等に3組に分ける。豚肉を広げて挟みながら、白菜の葉元と葉先を交互に重ねる。残りの2組も同じように重ねたら、全て5cm長さに切る。
3.口径24cmくらいの鍋に、2を切り口を見せるようにぴっちりと詰める。生姜の細切りを上から散らし、水大さじ3を回し入れて蓋をする。強めの中火にかけて蒸気が出たら弱火にし、20分煮る。

\白菜で、もう一品/白菜とりんごのサラダ

白菜は内側の柔らかい部分を使うと、りんごの食感と合う。葉は切るよりちぎるほうが美味。

【材料(2人分)】
白菜(内側の小さい葉)200g
りんご1/4個
A[レモン汁大さじ1 塩小さじ1/4 はちみつ小さじ1 オリーブ油大さじ1 こしょう少々]

【作り方】
ボウルにAを混ぜ、一口大に切った白菜、芯を除き薄切りにしたりんごと和える。

9割が水分の白菜は、柔らかく消化しやすい野菜。食物繊維やビタミンが豊富。加熱するとトロトロの食感に。葉が肉厚なものが美味。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

料理研究家

管理栄養士。毎日作りやすい料理や、健康に関する知識を生かしたからだにいい料理のレシピが人気。近著は『50歳からのからだ整え2品献立』。

『クロワッサン』1035号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。