くらし
更新:

感染症のリスクが気になるトイレ、プロはこう掃除する。

住まいの中でも、特に衛生状態が健康に影響を及ぼす場所の一つ、トイレ。
体調を良好に保つために、汚れの特徴と効果的な掃除方法をプロ、「ミニメイド・サービス」の星野八潮子さんに聞きました。
  • 撮影・中島慶子 文・菅野綾子

【トイレ】 

掃除時間目安 30分

手で触る場所が感染源にも。排泄物の飛沫やホコリも注意。

使用頻度が高く、また排泄する場所だけに、感染症のリスクが気になるトイレ。特に便器の中と床は、毎日の掃除が必須。

「便器の中はこまめに磨かないと、すぐに輪じみができてしまいます。一見あまり汚れていないように思える床も、衣類の上げ下げによりホコリが発生しやすく、アンモニア臭の原因となる尿ハネが付着してることも。汚れがひどい場合は少しでも清潔な環境で作業を進められるよう、プレ床拭きをしておくといいでしょう」(星野さん)

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。